総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

世界の闇図鑑 

3月14日

情報解禁です。

テレビ東京系で4月から放送開始になる新番組、深夜の短編ホラーアニメシリーズ『世界の闇図鑑』に私も作画スタッフの一人として参加させていただきました。

私の回はデジタル全盛のこの時代に、ドロッドロのアナログ絵なので見たらきっと逆に新鮮だと思います。

本当にど深夜の番組なんですが、どうかよろしく。
詳細は近日中に。

世界の闇図鑑 
スポンサーサイト
2017/03/14 02:55|お仕事

特撮秘宝Vol.4 

7月22日

私の漫画、特撮業界の謎を追う『マボロシ怪獣探偵団』連載第4回も掲載されている『特撮秘宝Vol.4』が7月27日に発売されます。



皆様、どうかよろしくお願いいたします。 
2016/07/22 02:49|お仕事

小林幸子さん紅白歌合戦衣装について。 

1月4日

読者のみなさま、新年あけましておめでとうございます。

しばらくぶりのブログ更新となってしまいましたが、いろいろ個人的に忙しい事情もあって更新できずに申し訳ありませんでした。

実は紅白歌合戦に出場された小林幸子(こばやし・さちこ)さんの衣装製作に、少しだけ参加させていただきました。

ネットの一部には「加藤礼次朗が衣装デザイン」と書かれてしまっていますが私がデザインの全てをしたわけではなく、正しくは「デザインスタッフの一員として参加した」という感じです。

私はCG製作チームの一員としてお手伝いさせていただいたのですが、製作のごく初期の段階で、スタッフが出し合った意見やアイディアを聞いて整理し一度カラーイラストにおこしてみる…という仕事をしました。

現物は版権物であり、なによりチームの仕事のいち部分でもありますのでお見せできません。ご了承ください。

小林幸子さんの紅白の「衣装」は単なる「服」ではなく、あのメガ幸子さんや背景CGなども全部含めてひとつの「衣装」という大変大掛かりなものなので、たずさわるスタッフの数も大変な人数に登ります。

その大勢のスタッフや関係者の方々が完成形をイメージしやすいように舞台全体を俯瞰(ふかん)できるようなイメージイラストを作る…その最初のバージョンで、いわゆる「叩き台」になる絵を描かせていただきました。

私の仕事が終わったあと、実際にはどういう完成形になるのか?まったく知らないままオンエアを迎えたので、予想を超えた華麗な演出に私自身ビックリしました。

リハーサルで故障してしまったとニュースになったメガ幸子さんも本番では無事に作動して安心しました。

スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

中野貴雄(なかの・たかお)監督は「デビルマンのようなガンダム」と形容されていましたが、あの着物や冠、扇状に広がる背中のブレードは私のアイディアでもデザインしたものでもありませんのでどうか誤解のないようにお願いいたします。

桜の木、または桜の木の精霊をイメージしてごく初期に提出した私が描いた着物と冠のデザインもありますが、私の描いたモノはイメージ優先で「衣装」というよりも「仮装」に近く実現が難しいかもしれない、歌手の負担をまったく計算に入れていないデザインでした。

実際の衣装は小林幸子さんの衣装担当の工房の方がデザインし製作されています。

私としては「なるほど、衣装のプロが創るとこういうアレンジになるのか!」と大変勉強になりました。

今回の私の仕事は「デザイナー」というよりも、映画でいうところの「コンセプトアート」の製作でした。

30ウン年前、高田馬場にあった洋書専門店ビブロスで、ラルフ・マッカリー画伯の描いた映画『スターウォーズ』のコンセプトアートのポートフォリオをお小遣いの全てをはたいて購入した時から、いつの日かこんな仕事がしたいと憧れ続けていました。

この仕事の機会を与えてくださった全ての方々に心から感謝いたします。 
2016/01/04 09:36|お仕事

『特撮秘宝 Vol.1』。 

5月26日

『別冊映画秘宝 特撮秘宝 Vol.1』というMOOK本が洋泉社から発売されています。



ご覧のとおり、表紙の写真が「ジェットジャガーの単体」という、清々しいほど迷いのない本です。

『ウルトラマン研究読本』『ウルトラセブン研究読本』『ゴジラ研究読本』など

これまでも、長年の特撮ファンでも知らなかった新事実を独自取材で次々と明らかにしてきた「21世紀のファンコレ」別冊映画秘宝ですが

その濃厚な取材の中には、例えばウルトラ本を作るにあたって
「ウルトラとは直接的に関係がないので切り落とさざるを得なかった部分」
がいっぱいあったわけです。

でも高級牛肉は切り落とし部分もまた高級牛肉。

このまま闇に葬り去ってしまうにはあまりに惜しい「いい話」が、その部分に凝縮されていたりして…

だからこその「ジェットジャガー」

映画秘宝だからこそできる「チャンピオンまつり」…というわけです。

上司から「ゴジラの研究本作れ!」って言われたのに、ジェットジャガーの研究し始めたらフツーは怒られますから。

ということで、もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、私もちょっとだけ寄稿させていただいています。

10年前に某大手出版社の特撮漫画誌で連載していた漫画…の続編?

いや、全く別物なんですが、今度の漫画は「幻の怪獣の写真を探す」のではなく「ジェットジャガーのデザイナーを探す」という漫画です。

詳しくは本誌をお読みいただきたいのですが

ページ数が6ページと少なく、かなりぎゅうぎゅう詰めの内容となっています。

ページによっては『ゴーマニズム宣言』より文字量あるかも…。

半年にいっぺんくらいという、掲載は超気長なペースですが一応「連載」です。

どうか応援、よろしくお願いいたします。

↓アマゾン
『別冊映画秘宝 特撮秘宝 Vol.1』 
2015/05/26 23:39|お仕事

献本届きました。 

4月7日

『日本怪獣侵略伝 ~ご当地怪獣異聞集~』の献本が届きました。

いや、もう

思った以上にすごい読みごたえのある本になってますよ。

間もなく皆様の手元にも届きます。

4月13日発売予定です。

よろしく。



→amazon『日本怪獣侵略伝~ご当地怪獣異聞集~』 
2015/04/07 23:40|お仕事

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。