総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

とうとう私も。 

1月29日

18日に阿佐ヶ谷ロフトに怪獣ミュージシャンの福田氏、河崎監督と一緒にパチモンサミットを見に行った…その直後福田氏、河崎監督が次々とインフルエンザウイルスに羅患。

これは、私にもくるか?と、ある程度覚悟はしていたけれど…一昨日くらいから鼻がとまらなくなり、続いて熱が出始めて、インフルエンザかどうかはわからないけれど、どうやら私も風邪っぴき。

注意していたつもりだったんだけど。どこで感染したんだろう?

風邪といえば、今から20年ほど前…漫画家居村慎二先生の「女弁護士ヒミコ」という作品を手伝った時。
先生の仕事場に向かう途中でウイルスに感染してしまい、アシスタントやりながらどんどん症状が悪化していき、一晩でティッシュ一箱使いきり、あまつさえ原稿にも鼻をたらしてしまったことがあった。
その部分は、先生に気付かれないようコッソリとホワイトで修正しておいたのだが…あれから風邪をひく度に、その原稿のことを思い出して胸が痛む。
このことは、私が彼岸に渡ったら、先に向こうの世界で待っておられる居村先生に謝らなければならない。
先生、本当にすみません。

だいたい漫画家なんてものは、家に閉じ込もって漫画ばかり描いているので、普通のヒトに比べ免疫力が著しく劣っているそれはもう弱い弱い生物なのだ。多分。

それこそ、風邪なんてひいたら命を落としかねない。冗談じゃなくて。
自分自身でもそれがわかっているから、本当はこの時期外出なんかしたくない。

家から一時間半もかかる学校に行くなんて自殺行為にも等しい。
いや、講師の仕事は楽しいし、やりがいもある。
この不況の時代に雇って頂けるなんて有り難いことこの上ない。
それはわかっている。しかし、通勤がイヤ。

通勤電車の中でマスクもせずにゲホゲホ咳き込んでいるヤツを見ると、「おいおい風邪が伝染ったらどうすんだ」とグラップラー刃牙(バキ)の花山のように走行中の電車のドアをこじ開けて外に放り出してやりたくなる。
もし、中央線に車内の電灯がすべて紫外線灯になっている“滅菌車両”が装備されていたら、私はまよわずそれに乗るだろう。

しかし、ひいてしまった以上、もう諦めてさっさと治すほかない。
被害をこれ以上拡大させないために、食べて飲んで寝る。

明日、医者に行ってきます。 
スポンサーサイト
2009/01/31 01:21|独り言TB:0CM:0

新作短編執筆中。 

1月26日

この日記、どこかへ行ったとか、誰と会ったとか、ほとんどそんなハナシばっかり書いていますけれど、別に毎日遊び呆けてばかりいるわけではございません。
一応言っておかないとね。

仕事のこととなると、やはり私一人の判断では発表できないことも色々とあるわけで、結果的にプライベートなことばかりになってしまうのは、こりゃ仕方ないことで。

そんな訳で…実は現在、久しぶりに短編を執筆中。
ちなみに、昨年末にこの日記内に書いていた新作短編とはまったくの別モノ。
あの短編は、絵コンテ(ネーム)段階で残念ながら中止になりました。

今描いている短編は、まだ詳しいことは書くことができないけれど、この春映画版も公開される某有名小説…の外伝。企画モノですな。
発表媒体は、今のところケータイ発信オンリーになる予定。

ケータイ用の漫画って描いたことがないんだよね。
だいいちケータイの小っさい画面で漫画読みたいという人の気持ちがイマイチよくわからない。
しかし、あと何年かしたら逆に、あんな雑誌みたいな紙の束で漫画読んでた人間の気持ちがわからない…って言われるようになるんだろうね、確実に。

時代に合わせて、どんどん形態を変化させていく。
その変化についていけなかった者は消えて行く。
それが「漫画」だし漫画家の宿命…なんだってことは、わかってはいるんだけどね。

これが、なかなか大変。
しかし、これも経験。

ということで、発表時期のメドがつき次第、詳細は近々お伝えいたします。 
2009/01/26 09:37|独り言TB:0CM:0

坂本真綾コンサート。 

1月24日

東京国際フォーラムで坂本真綾ちゃんのコンサートを聴いてきた。
ファンクラブ向けのコンサートを除いて、真綾ちゃんがこういう大きなホールでコンサートツアーをやるのは、実に5年振りのことだという。

20090125174733

真綾ちゃんは、最近では少年声優として知られているらしいが、韓国ドラマ「朱蒙(チュモン)」のソソノ、そしてナタリー・ポートマンの吹き替え…と、個人的には姫声優としての印象の方が強い。
「スターウォーズ」新三部作の日本プレミア上映を行った同じ会場で、アミダラ姫(の声)のコンサートを聴くことができるとは、実に感無量だ。

坂本真綾ビギナー向けに、新譜以外にも昔の楽曲もいっぱいやってくれて嬉しかった。
「天空のエスカフローネ」の主題歌、「約束はいらない」にはちょっと涙が出た。

それにしても真綾ちゃんは歌唱力がバツグン。
そして、なんというか…お顔がバランス的に少し大きい。
これは実に舞台に向いている。それもミュージカルに。

遠くから観ていても表情がわかり、しかも歌声がキレイ。
実際、帝劇に「レ・ミゼラブル」を観に行った時も、真綾ちゃんは実に舞台栄えしていた。

やはり生(ナマ)はいいね。
だって、極端なハナシどんなに望んでもモーツァルトの生演奏とかは聴くことできないわけじゃない。
想像するしかない。

それはDVDとかでも同じ。
ソフトはあくまで結果、過去の記録なのであって、同じ時間、その場所にいなければ味わえないものっていうのは確かにあるのよ。

今、私は坂本真綾ちゃんと同じ時代を共有できているという奇跡を至福に思わずにはいられない。

これでコンサート後に、物販コーナーで買おうと思っていたツアーパンフレットが売り切れでなかったら、もっと良かったんだが…。
く~っ。 
2009/01/25 17:47|見聞録TB:0CM:0

タケ魔人・御神体。 

1月18日

河崎監督から、「ギララの逆襲」のグッズをいただいた。
Yujinから発売されたガシャポン「懐ケシ・ギララの逆襲」。
昔大人気だったキン肉マンケシゴムや、スーパーカーケシゴムのようなキャラクターケシゴムだ。

20090120121009

ラインナップ中にある劇中に登場したキャラ“タケ魔人”の御神体は、河崎監督から依頼されて私がデザインしたもの。
私のデザインが商品化された数少ない例だ。

20090120121011

ギララ関連のフィギュアは、昨年の映画公開時に色々と発売され、その中に混じってタケ魔人御神体もいくつか商品化された。

せっかく自分のデザインがフィギュアになったのだから、手に入れたいと思ったが、タケ魔人御神体のフィギュアは、上は十万円のレプリカから下は200円のガシャポンまでと価格帯に極端な幅があり、しかもそのガシャポンを町のショップで見かけることがなかったため、今まで手に入れることができなかった。

そこで、河崎監督に「ガシャポン買おうと思ってたのに、どこにもありませんでしたよ!」とダダをこねたところ、気の毒に思った監督がコレをくれたのだ。
河崎監督、どうもすみません。 
2009/01/20 12:10|独り言TB:0CM:0

羽田空港へ。 

1月16日

旅立つ友達を見送りに早朝の羽田空港へ。
ついでにANAのショップに寄って、海洋堂のスチュワーデスフィギュアコレクション2を買う。

20090116113140


全8種、12箱目でコンプリートできたのでまずまず。
それにしても、こんな早朝に空港へのんびり来たことがなかったので、実に気持ちよい。

20090116113144

飛行機の資料写真をいっぱい撮影して帰ります。 
2009/01/16 11:31|独り言TB:0CM:0

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。