総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

コンプレックス。 

2月24日

管理人からもらった「宇宙戦艦ヤマト」のDVDをかけながら仕事している。

懐かしい。

しかし、いやな気持ちにもなる。

なぜなら、この辺りのアニメの絵から受けた影響が、現在の私の絵柄の根っこにあることが如実にわかってしまうからだ。

デビューした当時から「絵が古い」といわれ、コンプレックスだった。

私がデビューした当時、80年代はいまの萌絵に繋がるいわゆる「アニメ絵」が流行し始めた時期で、私の世代はマンガの絵柄の主流が劇画調からアニメ調へととって変わられていった最初の世代にあたる。

劇画は、「北斗の拳」に代表される“真面目(シリアス)なギャグマンガ”としてしか存在を許されず、そこにしか生き残る道がなかった。

それゆえに、私の代表作「筋肉番長」は、描いている本人はいたって真剣なのにもかかわらず、ジャンル的にはギャグマンガに分類されている。

なんでそんなことになってしまったかというと、やはり最初に真似して描いていた絵柄がよくなかったのだろう。
「三つ子の魂百まで」というが、若い時に受けた影響は実に恐ろしい。

「巨人の星」(アニメの方)の、ゴリッゴリの荒木伸吾作画による大リーグボール一号を打つ花形満。
そして「ヤマト」のゴリッゴリの白土武作画のドメル将軍。

20090225033311

この…何か6Bくらいの極太極黒の鉛筆で鼻の先からゴリッゴリッと描き進めていったような…なんというか特殊なデッサンが好きで、小学生のころ、コレを真似して描いていたおかげで、今でも、どんなに疲れ果てているときでもこの絵なら描ける。
というか、疲れてくるとこの絵に戻ってしまう。
私は描く線が太いこともコンプレックスだったため、今使っているペン先はゼブラ社の丸ペンだけなのだが…どんなに頑張って細い線で今風の絵を描こうとしても、気を抜くと線が太くなってしまう。
疲れれば疲れてくるほど、必死に隠している地の部分がでてきてしまう。
絵が「ドメル化」してしまう…。

確かにこの絵は、「マンガの絵には正確なデッサンよりも大切な何かがある」という一つの真理を教えてくれてはいる。
しかし、マンガ界はその日その時の流行を追いかけている浮き草稼業でもあるので、ある程度新しそうな(新鮮な)絵が描けないと食いっぱぐれてしまう。
そういう意味では、私はドメル将軍にずっと足を引っ張られ続けているといっても過言ではない。

しかしいまさら、「らき☆すた」や「みなみけ」みたいな絵に私がなれるものか!

萌絵は全部同じに見える。
覚えられないし、違いがわからない。
「なのはストライカー」とか新作アニメの絵が新しいアニメのものに見えない。

昔、お袋から「マジンガーZもガイキングもライディーンも、全部同じに見える」といわれて、へっ、歳は取りたくねぇもんだなとバカにしていたものだが…いま私はそんな“なりたくなかった”“違いのわからない”オジサンに、思いっっきりなってしまっている…!!

これは新しいものを、常に生み出し続けていかねばならない職業の人間として致命的なんじゃないだろうか?


…と、去年までは、本当に激しく悩んでいた。

だが、もう悩むのは止めた。

悩む必要もない。
なぜなら、いま「ドメル絵」を描ける人間は希少だからだ。

「ドメル絵」には絵力がある。
それを自分は描ける。
これは自分自身の武器なんだから、わざわざ進んで捨てる必要はない。
…と、最近では多少前向きに考えることができるようになってきた。

ただ、それをそのまんま書き写しているだけじゃあダメ。

ちゃんと自分自身の絵に昇華できていないといけない。
自分にしか描けない絵にする。
「自分の絵を描く」ってのは、簡単なようで実はけっこう難しい…しかし、それができるかどうかに、私の今後の作家生命がかかっているともいえる。

それにしても、「ヤマト」の絵って…悪くはないけれど、いま見るとホント泥臭いよなぁ…。 
2009/02/25 03:33|独り言TB:0CM:1

やっぱりちょっと…。 

2月21日

いま、夕飯食べながらテレビつけたら「スターウォーズ エピソードⅢ」をやっとった。

他人が作った作品にとやかくいうなど、仮にもクリエーターがしてはいけないということは充分わかっていながら…やっぱり何回見ても“アノ部分”だけは…どうしようもなくお尻がムズムズしてくるのを禁じ得ない。

解せん。

なぜ、オビワンは苦しむアナキンにとどめをさしてやらないのか?

確かにシスに転び、ジェダイの大虐殺を指揮し、大罪を犯したアナキンは万死に値するだろう。
だからって、両手両足を失い、挙げ句溶岩に身を焦がされて、苦しみのた打ちまわっている弟子を…まして「自分の弟のように思っていた」とまで言っているんだから、そんな情けが残っているなら苦しみが長引かないようにせめてとどめをさしてあげるのが武士というものではないのかね、オビワン?

そうするとアナキンが、ダースベイダーになれなくなっちゃうよね。
いや、だったら…アナキンの死を見せなければいい。

例えばよ…

断末魔のアナキンを見るに見かねて、オビワンがアナキンにとどめをさしてあげよう(あるいは、何とか救う方法はないか)と近づいていく。
その時、アナキンが犯した大罪への天罰か?アナキンの乗った岩盤がオビワンの目前で真っ二つに割れて溶岩の中に。
それを見たオビワンはアナキンは死んだものとすっかり諦めて、肩を落として呟く…。

「お前を弟のように思っていた…。」

オビワンもまた、怒りに身を任せてライトセイバーをふるってしまった自分自身の未熟さに気付き、それが弟子の死という悲しい結末を招いてしまったことに絶望し…隠居を決意してその場を去っていく。
しかし、アナキンは死んでいなかった。
岩盤が溶岩に飲まれる寸前に岩盤から転げ落ち、溶岩流の横の岸部に引っかかっていた。
アナキンは自分を見捨てて去っていったオビワンへの復讐を誓う…。

これがベストとは思わないが、これならまだわかるよ。
ただやっぱり、目の前で苦しんでいる者を何にもせずにうっちゃらかして行ってしまうという劇中のオビワンの行動に…何回見ても抵抗を感じてしまうだけ。

20090222004727

まぁ、鍔のない光線剣でチャンバラやってる映画にめくじらたてて、武士道を説こうという方がどうかしてるんだろうけどね…。

あ、でもジョン・ウィリアムスの音楽は最高に良かったの…これだけは言っておかないとね。 
2009/02/22 00:47|独り言TB:0CM:0

「ジェネラルルージュの思い出」 

2月21日

新作、完成しました。

来月7日(私の誕生日の前日)から、劇場映画版が公開される海堂尊氏原作の「ジェネラルルージュの凱旋」(大ヒット作「チームバチスタの栄光」の続編です)…その外伝コミックを描かせていただきました。

タイトルは「ジェネラルルージュの思い出」。

20090221205555

「ジェネラルルージュの凱旋」のストーリーの核となるキャラクター、“ジェネラル”こと速水晃一(映画版では堺“新撰組!山波副長”雅人さんが演じられている役)の知られざる青春時代を描いた36ページの短編。

私にとって久しぶりの商業マンガ復帰作なので、心を込め気合いを入れて描き上げました。

今のところ、発信媒体はケータイのみ。
ケータイでマンガを読まれている方は(そうでない方も)アクセスしてみてください。
編集さんに聞いたハナシだと無料らしいんで…。

☆ワンコミトップページURL

http://mobile.wcomic.jp/

から「ジェネラルルージュ…」特設サイトへアクセスすると見られる…らしいです。

というのは、私の使っているケータイが非対応機種なんで自分では見られないのよ。
ダメだな「a☆」…もう機種変更しようかな?

ちなみに、発信開始は今月末から来月アタマあたりらしいので、見ることのできた方は感想聞かせてください。

映画版の方は、試写会のチケットもスチール写真も何にもいただけなかったので、自分で劇場に足を運んで見に行くつもり。

私の描いた外伝(の速水像)が「とんだ見当違い」だったらどうしよう!?
もうただ、それだけが心配…。 
2009/02/21 20:55|お仕事TB:0CM:0

劇画、マンガ原画展。 

2月19日

突然ですがイベントが決定しました。

20090219171100

先輩イラストレーターにして時代劇研究家の近藤ゆたか氏からのお誘いで、なんと劇画界の超超大先輩、植木金矢先生と一緒に原画展をやらせていただくことに…!

20090219171100

植木先生は大正十年生まれ、現在御年86歳の「現役」時代劇画家…発売時に話題になったアリフレックス社の12インチ時代劇アクションフィギュア、三船“用心棒”敏郎や勝“座頭市”新太郎のパッケージアートも植木先生の筆によるもの。

原画展の場所は、浅草公会堂ロビー。
期間は3月13日~16日。
入場無料なので、みんな来てください。

20090219171105

そんなわけで、14日に会場の下見を兼ねて、浅草で植木先生や参加者の皆さんとお会いしてきたんですが、この日は天気もよく、2月とは思えないほど気温も高くて大変気持ちが良く、先生からも「まぁいいから飲みなさい飲みなさい」とすすめられるままに、昼間っからちょっとビール飲んで酔っ払ってしまいました。

20090219171103

しかし人生ってのは本当に、何が起きるかわかりませんね。
まさか、植木先生と原画展をさせていただくことになろうとは…ホントに夢にも思いませんでしたから。

さぁ、何の原画を飾ろうかしら?これから考えます。 
2009/02/19 17:11|宣伝TB:0CM:0

髪の毛切りました。 

2月12日

久しぶりの読み切り仕事が、もうすぐ書き終わります。
でまた、すぐ新しい仕事が待ってるんだけど。

でもありがたいね、仕事があるっていうのは。
漫画家の仕事っていうのは、仕事ある時は寝る暇もないほど忙しく、仕事無いときは逆に何していいのかわからないほど暇だらけで、それこそ熟睡かトップスピードでフルマラソンしてるかのどっちかの状態しかないという極端なお仕事。

そんなわけで、去年末から全然暇がなくて行けなかった床屋に行って、伸び放題だった髪の毛を切ってきました。

20090213000258

やっぱり髪の毛切ると白髪が目立つね。

家系的に禿げる血筋じゃないんだけど、十代の頃から白髪はかなり生えていた。
親父の弟(叔父さん)も、四十過ぎで髪の毛真っ白だったから、自分もいずれそうなるんじゃないか?と予想はしていたが、この年で(来月で四十三)まだこんだけしか白髪になってないというのは、思っていた以上に黒髪が残っているという見方もできる。

関係ないけれど、藤子不二雄A先生のもみあげの白髪は何年経っても増えている気配がしないんだけど、あれはアノ部分だけ残して毛染めでもしているんだろうか?
うーん、わからない。

しかし、髪の毛切るの早まったかもしれん。
昼間暖かかったのに、夜になったら気温下がってきて頭寒!

こういう時は、体調崩しやすいんで本当に怖い。
もう今期風邪ひくのは勘弁してほしい。 
2009/02/13 00:03|独り言TB:0CM:0

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.