総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

「帝国ホテル120年の最高」本日発売。 

2月25日

『コミック 帝国ホテル120年の最高』(集英社刊)本日発売。

…なので、駅前の本屋にちゃんと入荷してるなぁ?と

覗きに行ってきましたが…見つからず

そこで店員さんにしらべてみてもらったところ、一冊入荷しているようですねというので

探してもらったのですが…やっぱり見つからず

確かにあるはずなのに(新刊なのに)姿が見えないとは、これいかに?

なんですか?私の本はUMA(未確認生物)かUFO(未確認飛行物体)ですか?

本当に売ってるのかなぁ…と、なんだか不安になりました。

というわけで、私はまだ書店で売っているところは未確認なのですが、手元には献本がちゃんと届いていますし、どこかでは必ず売っている…ハズ…です。

なので、皆さん

パッと見つからなかったとしても、あきらめないで

なんとか探して買って下さい。お願いします。

…と、なんだか暗い気持ちで帰宅して、テレビをつけたら

今日の『美の壺』(NHK教育で放送している教養番組)のお題が「大谷石(おおやいし)」。

おお、大谷石。

私も『帝国ホテル』の漫画の中でいっぱい描いた描いた、あの質感とか白黒で表現するのが難しかったなぁ…とか思いながら見ていたら

やっぱり出て来ました。

帝国ホテル・ライト館とフランク・ロイド・ライト先生。

そう、ライト館は構造建築材及び化粧板、装飾に大量の大谷石が使用されているのが大きな特徴で

この建物を通じて大谷石という素材が全国的に知れ渡るようになったという…

町中の古い家で門や壁、あと私の実家の蕎麦屋の玄関口にも

あちこちに大谷石が使われていたのには、なるほどそういういきさつがあったのか…と

それは帝国ホテル、というかフランク・ロイド・ライト先生が作った流行(はやり)だったのか…と

それは今回ライト館を描くにあたって調べてみてわかったことで

調べると知らなかったことがいろいろわかって、ホントに面白いのですが

その全てを漫画の中に活かせるわけじゃない

読みやすくするために削らなきゃならないネタもいっぱいあるわけで

大谷石の話も、漫画の中から省いてしまった部分だったので、ここにちょっと書いたりしているわけですが

ライト館のエピソードは本当に、私も描いていて面白かったので、できるだけたくさんの方に読んでいただきたいのです。

多分私の仕事は、ライト館のように後世には残らないでしょう。

でも、それでもずっと描いていたら、中にはひょっとしてひとつくらい

あるいは人の心を打つような作品も

そういう仕事もできるかもしれない…と。

そうしたら私も

描いてよかったなぁと

自分の仕事に誇りが持てるなぁ、と…

そんなことを考えながら『帝国ホテル』の漫画を描いていました。

でもね

せっかく描いて本になっても…売ってなきゃしょうがないでしょ!

てなわけで皆さん、注文して買って下さい。

本当にお願いします。


アマゾン↓ご注文はこちらまで
 
スポンサーサイト
2011/02/26 07:03|宣伝TB:0CM:2

帝国ホテル120年の最高。 

2月23日

コミック『帝国ホテル・120年の最高』(集英社刊)という本が明後日、2月25日(金)に発売されます。

去年の秋頃…ハワイ旅行やオペラ『魔笛』の公演と前後してやっていた仕事…ですね。
懐かしいです。

私はメカと女の子を描くのが大の苦手なので、この本の仕事ではそういうのが一切出てきませんでしたから(主役は「帝国ホテル」なので)ある意味気軽に、楽しんで描くことが出来ました。

ただ、しかし

明治~大正時代の建物なので現存しておらず、資料も少なくて、その上ディテール(細部の装飾など)が大変こまかくて…その点では難儀しましたが

特に天才建築家フランク・ロイド・ライトが設計した帝国ホテル(通称:ライト館)は、本当に常軌を逸した装飾が要所要所に施されていて…

それでもって、私が漫画家のくせに絵を省略するのが下手ときているものですから、そのディテールを異常な執念で描き込んでしまって

結果、中には1ページ5日もかかってしまったページもあったりして…

楽しかったけれど、大変な仕事でもありました。

そんな思い出深い『帝国ホテル…』の献本が、ひと足はやく私の手元に届けられ…こんな感じの表紙カバーです。



原作(シナリオ)は横溝邦彦(よこみぞ くにひこ)先生、作画は私のほか、根本哲也(ねもと てつや)先生、山下京子(やました きょうこ)先生が担当…という共著です。

全5章のうち、第1章「世紀の大ホテル誕生」と第2章「ライト館の煌めき」が私の担当です。

今年開業120周年を迎えた帝国ホテル誕生の舞台裏、そして大正時代の名建築と言われるライト館がいかにして作られたかが、漫画でわかりやすく描かれています。

ライト館といえば
私はライト館(の一部)を実際に見たことがありまして

2年前の11月、『三四郎』の取材で博物館明治村を訪れた際…そこに移築保存されている帝国ホテルライト館(の玄関周りのみですが)を見学することができました。

その時は、まさかその後それを自分が描くことになろうとは夢にも思っていなかったのですが…

それが去年の夏、「帝国ホテルを描いてみないか?」という仕事を頂いて

担当さんは私が明治村へ行ったことなど知らかったのに…です

こんな仕事が来るとは…世の中本当に何がどう転ぶか?わからないものだなというか

何か運命的とも言える
実に不思議な縁を感じました。

と同時に

こんなふうに、いつ何時どんな仕事を頼まれるかわからないんだから

日頃からどんなものでも興味を持ってしっかり観察しておかないといけないなぁ…と

歴史漫画家として、身が引き締まるような気持ちになりました。

だいたいにおいて
私は人を褒めたたえるのが得意なんです。

先人たちが残した偉業を、それがいかにすごいことであったのか?
調べて見て、尊敬の念を持ってそれを描くことは、好きでもあり、自分のことのようにどこか誇り高くもあり、飽きません。

ライト館も、幸運にも実物を見ることができたこともあり、1コマ1コマ想いを込めて描きました。

その想いが強すぎて、いつもより描き込みがきつくなってしまいましたが

今回の本は印刷の紙(特に本文に使用されている紙)が、普通の漫画単行本の紙なんかより格段に高級なので(その分ちょっとお値段もお高いのですが…)

その異常な描き込みが細部までバッチリ再現されていて

お値段に見合った内容になっている…と自負しております。

ですから、どうか皆さんも是非

実際に本屋さんで手にとって、その高級な手触りを楽しんでみてくださいませ。

ひとつよろしくお願いいたします。 
2011/02/23 12:06|お仕事TB:0CM:0

タバガマオレニコ。 

2月22日

「禁煙するとメシが美味くなる」といいますが…

禁煙46日目。

たしかに美味くなったような…気はします。



エアタバコというか「自分はいまタバコを吸っている…つもり、想像力で」というシャドータバコで、なんとかごまかしてはいますが

昼メシを食べたあとの一服…がない、という…このなんとも物足りない感じ…



ああ、タバコ吸いてぇ!

メシが美味くなったのは、メシの品質が良くなったからではなく、いままでタバコで抑えられていた私の肉体感覚が鋭敏になってきているから…ですね。

前にも書きましたが、味覚以上に鋭敏になってきたのが嗅覚で

先日、仕事場から自宅に戻った際など、食卓の上に置かれた辣韮(らっきょう)の酢漬けの匂いが気になって気になって…

終いには頭が割れるように痛くなってきて大変難儀いたしました。

こんな敏感なカラダになっちゃって、今年の花粉シーズンを乗り切ることができるのかしら?といまから不安です。

…という話を、専門学校の同僚講師の…というか漫画界の大先輩であらせられる福山雅治(ふくやま まさはる)…じゃなくて福山庸治(ふくやま ようじ)先生にお話していたところ

「タバコ吸っちゃう夢…見るでしょ?」と福山先生。

「せっかく頑張って禁煙してるのに…ふとしたはずみで一本吸っちゃって。」

「あ…あ~あ、吸っちゃったぁ…っていう…。」

はい

見ます。その夢…

というか、最近よく見てます。

まさか、福山先生がそんなまったく同じ夢を見ていたとは…

というか、福山先生が漫画界のみならず禁煙の先輩でもあったとは…

いろんな意味で驚きでもあり…勉強になりました。

なるほど、禁煙する人はみんな禁煙に失敗する夢を見るのか…と。

ということは、禁煙に成功した人が通った道を、いま私は確実に歩んでいる…ということ?

禁煙成功に近づいているということ

…なんでしょうかね?

わかりませんが

もう少しだけなら我慢できそうなので、できるところまでやってみようかとは思っています。

私が吸い始めた15年前くらいに比べると、タバコの値段も高くなっちゃったし…ね。

タバコ我慢してその分のお小遣いを貯めて、それで超合金を買ってオレ様ニッコリ…略して

タバガマオレニコ…という

そんな70年代のCMのパロディ書いたって

誰も知らんわ! 
2011/02/22 23:46|独り言TB:0CM:0

八王子(はちおうじ)ナメてました。 

2月16日

いやぁ、自然は怖いですね。
ナメたらあかんですよ。

すみません。
私…ちょっとだけナメとりました。

八王子…いまの時期、すごい寒いんですよ。



14日に行ったら、先週の金曜(11日)に降った雪が学校の庭にまだこんなに残っていて…ああ、やっぱり八王子は寒いんだなぁ、と。

それでちょっと暖かくなってきたら、今度は杉が山から花粉を飛ばしまくってくるし…

花粉症の私にとっては一年の中でもう最悪という季節…という感じではあるのですが

そんな八王子での専門学校講師の仕事も今年で10年目。

まぁ10年やって慣れてきたというか、気の緩みもあったのでしょう…ええ、ありましたとも。

「まぁ、八王子ゆうてもたいしたこたぁねぇべ」ってね。

「甘く」考えていました。
バレンタインデーだけに。

そしたら…

朝から学校で授業…



女生徒の皆さんからいっぱい義理チョコをいただき、ウヒョヒョと喜んでいたのもつかの間…

山の天気は変わりやすいといいますが

夕方から突然降り始めた雪が、あっという間に猛吹雪に!



帰る頃には、もう辺り一面すっかり雪景色。

帰宅なんかさせんぞと言わんばかりに吹き付ける雪嵐。

朝はあんなに天気がよかったのに…この変わりようは一体なに?

私がなんかあなたの気にさわるようなことしましたか?



ああ、吹雪の向こうにペギラとかダンガーが見える(どっちもウルトラ冷凍怪獣)…

いかん、幻覚だ…寒い、眠い…

しかし、急がないと…このままでは電車がストップしてしまう…

中央線は雪に弱いのだ…家に帰れなくなってしまう…

頑張れ、駅まで行けば暖かい缶コーヒーが俺を
待っている…ああ、ああ



で、駅の自販機でコーヒー買ってホッと一息。

いや、ホントに。

自然の猛威に対してはなんにもできないんだなぁと、自分の弱さ、無力さを思い知らされました…

マジでビビりました。

春休み前、まだ何回か授業がありますからね

気を引き締めて通勤したいと思います…。 
2011/02/17 14:41|独り言TB:0CM:0

ナナとカオル。 

2月16日

先月、角川書店の新年会で久しぶりに清水厚(しみず あつし)監督とお会いしました。



清水監督は、実相寺昭雄(じっそうじ あきお)監督の薫陶(くんとう)を受けた(その関係で私とも知り合い)21世紀の日本映画界を牽引している若き俊英で

その最新作が『ナナとカオル』。



白泉社刊ヤングアニマル誌上で大好評連載中の甘詰留太(あまづめ りゅうた)先生の同名漫画…の実写映画版です。

監督から直々に試写会の招待状をいただきまして…恐縮です、拝見させていただきました。

ちょっと(いや、かなり?)エッチですが、エロではありません。

その証拠に、テーマ的には「SM」を扱っていますが成人指定ではありません…

ということは

ぶっちゃけ小学生のひとでも見ることができる、という…そこがまずスゴイっすね。

小学生でも見られる本格SM映画(?)というのは…もしかしたら史上初?なんじゃないですか?

そう考えるとこれは、日本映画史に残る快挙?画期的な事件…なのかもしれません。

あ、SMと聞くとビビってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが大丈夫…この映画のSMは、怖くありませんよ。



清水監督だって…ほら、こんなに真面目で優しそうな人ですし。

初心者の方でも安心してご覧になっていただけます。

というか、冗談抜きに

この映画は頭が常識で凝り固まった大人よりも、発想が柔軟なお子さま(中学、高校生くらいまで)にこそ見ていただきたい。

例えば

メインビジュアルにある、ヒロインのまがまがしい「首輪」ですが…

これを常識的な大人が見ると「虐待」としか思わないわけですが

SM的な観点から言うと「首輪」は「隷属」という以上に「絆」という意味を持っており

つまり「君は僕のものだよ」だから「ちゃんと守ってあげるからね」という…お互いの信頼の証しなわけで

信頼しあっているからこそ首輪をつけることができる、そういう屈辱に耐えられる、そうして恥ずかしくてできなかったことがだんだんとできるようになっていく、乗り越えていくことが快感…という

そこが、SMという世界のディープさであり醍醐味のひとつなわけですが…わかりづらいですか?わかりにくいですよね。

まぁ、それでいいんですが。

どんなに説明してもわからない人(またはわかりたくない人)には一生理解できないでしょうし。

でも世の中にはいろいろな愛情表現の仕方、愛のカタチがあるんだなぁ、と

愛し方にもいろいろあるんだね、と

実際にそれをやるか、やらないかは別として

知っておいても損はないというか

そういうことは…世の中の固定概念という垢に染まりきっていない若い人たちの方が、より理解していただけるんじゃないでしょうかね?きっと。

ただエロいというだけなら、現代はネットで無修正画像とかゴロゴロ手に入るわけで

だけどああいうのは(私の世代でいうと)裏本や裏ビデオとかと一緒で…なんというか即物的で…

刺激はあるけど夢がないじゃないですか。

欲望を処理するための道具としてではなく、「オカズ」にはもっと…目眩く(めくるめく)ようなロマンがあって欲しい…と思うわけです。

若人(わこうど)よ

そういう「ドキドキと胸をときめかせるようなオカズで、一回一回を大切にヌキなさい」

…と、私は言いたい。

「ニギラー」(?)の先輩としてね。

そういう意味で(?)正しいオカズとも言える(オイオイ)実写版『ナナとカオル』。

おっと、下品になってしまいすみません。

繰り返しになりますがこの作品、ドキドキしますがエロ映画ではありません。

私が言いたいのは、その「ドキドキ」の部分こそが大切なんだ!ということなのです。

映画の内容は単行本第1巻をベースにして、原作漫画に比較的忠実な作り。

ナナ役の永瀬麻帆(ながせ まほ)ちゃんは、いままでの実人生であんまりSMの経験とかなかったんでしょうな(普通はない)首輪つけられたり、亀甲縛りされたりすると、演技じゃなく本気で戸惑っていて、そこが実にいじらしく(逆にあれが演技だったとしたらこの娘はすごい役者)…

カオル役の栩原楽人(とちはら らくと)くんは『仮面ライダー響鬼』の明日夢(あすむ)少年ですが…大人っぽくなりましたね。

原作のカオルに比べると、性格もルックスもぐっと爽やかな感じ。

この主演二人の醸し出す初々しさ…相手がどこまで自分を受け入れてくれるのか、許してくれるのか、という手探りの感じ、そのこそばゆさが…漫画と違って人間が演じている分だけ生々しいんだけど、不思議と嫌な感じがしない、という…そこが、原作漫画との違いでありこの実写版の最大の魅力となっています。

違いといえば

実写版では物語の舞台を墨田区向島あたり?の東京下町という風に、具体的な街を設定したところが原作漫画と大きく違うところ。

(原作漫画ではカオルたちが住んでいる街がどこか?具体的な描写はありません)

劇中の要所要所で背景に写りこんでいる建設途中のスカイツリーが…ある時は「未完成の性(男根)の象徴」として、あるいは高校生とは言えまだ幼いともいえる主人公たち二人の秘密の遊戯(SMプレイ)を遥かな天上から微笑ましく見守っている親のように…アクセントとして実にいい味を出しています。

そのあたり

昨今、映画界に横行しているような「原作漫画をただ引き移しただけの実写映画化」みたいには絶対しない!という、清水監督のこの作品にかけた意気込みのようなものが感じられて清々しかったです。

なんというか

どうしても「お仕事」に徹しきることができない…というか

なんかちょっと変わったことをやらずにはいられない、実相寺チルドレンの悲しい体質とでも申しましょうか

私もそうなので…

非常にシンパシーを感じました。

映画『ナナとカオル』は、3月12日から渋谷ユーロスペースにてレイトショー公開。

その後3月29日からビデオレンタルが開始されます。

皆様も是非ご覧になってください。


 
2011/02/17 05:31|宣伝TB:0CM:0

禁煙中。 

2月8日

結果的に。

先月の7日に過労で倒れてから、何となくタバコを吸っていないので…禁煙32日目。

ちょうど1ケ月ですね。

いやぁ、実は昨年、女子から本を貸してと頼まれたのでその本を棚から引っ張り出したんですが…その本がタバコ臭くなっちゃってて…それからずっと気になって、そろそろタバコ止めようかと思っていた矢先だったので

ちょうどいいと言えばちょうどよかったのですが…

我慢しようと思えばできるものですね、タバコ…

…なんて嘘です。

ニコチンが抜けて吸わなくてもいい身体になっていくのか?と思いきや…とてもとても。

どうにも口寂しくて…ニコチン切れ?のせいでしょうか?

ちょっと苦しいんですが。



我慢します。
まだ我慢できそうだから。

どうにもイライラしたり、どうしようもないくらい吸いたくなったら…そん時は吸えばいいやと…それくらいの軽い気持ちで。

禁煙して良かったことは

部屋がタバコ臭くなくなった

部屋に置いてあるフィギュアが汚れない

寝起きの時、口が臭くない

…これはいいですね。

でも禁煙したおかげで

集中力が下がった(ような気がする)

ものすごい眠い(いままでニコチンの覚醒作用で無理矢理起きていた時もあったので、そのマジックが切れた)

いままでタバコの臭いの陰に隠れて気がつかなかったいろんな体臭に敏感になった(加齢臭かもしれない)

…といった弊害(?)も。

私のタバコデビューはわりと遅くて20代の終わりからだったんですが…それでも吸い始めてから約15年。

すっかり生活のリズムの一部に組み込まれてしまっていますから…

タバコを吸わない、その新しい生活のリズムに身体が慣れるのにまだしばらく時間がかかるでしょうね…

まぁ、仕方ないです。

かといって



こちら、嫁さんが名古屋のお友達から頂いたという「戦国武将ペロティ」。

タバコの代用に甘いものに手を出すのは…もっとも危険な行為…ですよね。

わかってます、気をつけまぁす。 
2011/02/09 04:28|独り言TB:0CM:0

相撲界は大変。 

2月8日

無気力相撲は良くないよね。

角界の親方衆が目を三角にして怒る気持ちもわかりますよ。

私だってね、専門学校で講師の仕事…もう10年もやっていますが…

課題とか出してもやらないし授業中はずっと居眠りしっぱなしの、そういう無気力生徒いっぱいいるわけです。

そういう生徒に限って、学年末になってから、このままだと留年しちゃうとわかってからあわてて貯まった課題をやり始めたりして…

大急ぎでやっつけた雑な仕上がりの課題をまとめて出してきたり…そういう無気力課題を見せられると、ホントうんざりするわけです。

まぁね、そういう私も年に何回かは徹夜明けで学校に行っちゃったりして…

もしかして無気力授業やっちゃったりしてるんじゃないか?…とか思うと、生徒ばかりを責められないところもあるかな…。

国技と専門学校の授業を同列に考えちゃいけないのかもしれませんが…。

しかしね

考えてみると相撲の世界って、スケジュールとかかなり過酷ですよね。

国技なので比較してはいけないんでしょうけれど…

年間5場所(15×5=75日)その他地方巡業まで含めると一年のうちほぼ4分の1は土俵上でガチンコ勝負という…

他の格闘技イベントに比べてかなりハイペースでハード…。

それで怪我でもして何場所も休場しようものなら、周囲からやれ稽古不足だの降格やむなしだの、このままじゃ引退だの、親方からは自分の現役時代はもっと当たっていったもんだとか…好き勝手なことを言われ放題の叩かれ放題…可哀相過ぎでしょ。

これじゃ力士の方々もやってられませんがな。

だからって、八百長はよくありませんが。

プロレスの場合

ロープに振り飛ばされたレスラーが(ロープの張り方が緩かったり飛ばすスピードがゆっくりだったとしても)必ず跳ね返ってきたりしますよね。

でもそれを、誰も八百長とは呼びませんし、プロレスファンもそれを見て「八百長じゃないか」と怒ったりはしません。

みんな、わかってるからですよ。

プロレスが一歩間違えれば本当に命を落としてしまう危険な戦いであるということ…つまり真剣勝負だということが。

それに

ロープに飛ばされて跳ね返ってくるのは、敵の攻撃をあえて受けることによって観客に見せる(示す)強さのアピールでしょ。

それがレスラー独特の「サービス」…一種の(試合の進行上必要な)演出だということは…お客様はわかって見ている、そこも含めて楽しんでいるわけですよ。

そういう点では相撲もプロレスと同じなんじゃないですかね。

「興行が中止になって残念」「クリーンになって早く再開して欲しい」という人はいても「大相撲が八百長だったなんて…ガチンコと信じていたのに裏切られた、頭にきたからもう二度と相撲なんか見ねぇ」と激怒している相撲ファンは…わりと少ないんじゃないでしょうか?

だからって、八百長はよくありませんが。

日本の大相撲と他の格闘技との違いは…

土俵上での取り組みが、一分以上続く大勝負になった時

プロレスみたいに「もう決めていいぞ!」と客席から真実を突いた野次が飛んだり…しない

…まぁ、そこも違うけど

最大の違いは、相撲は「国技」で「神事」。

ただの格闘技ではなく、神聖な一種の「儀式」である…という点。

つまり相撲の土俵には、例えるなら神社でお祓いを受けるのと同様の効果がある…

ぶっちゃけ「大相撲を見に行くと御利益がある」わけです

だから

問題は八百長があったかなかったか…という点ではなく

「自分たちは神事に関わっているんだ」という自覚がどこまであったのか(あるのか)…というところなんじゃないでしょうか?

お相撲さんには自分たちが「特別な存在である」という誇り、その自覚を忘れないで欲しいです。

メールの履歴調べられたくないからという理由で(多分)ケータイぶっ壊すなんて…

そういうみっともないことヤメテ。
 
2011/02/09 01:15|独り言TB:0CM:0

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。