総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

別府・地獄めぐり(3)。 

4月30日

タクシー運転手さんと私…二人っきりの別府・地獄旅は続きます。

「坊主地獄」の次に訪れた地獄は「龍巻(たつまき)地獄」。

なんだかそのまんま、アニメのスーパーロボットかスポ根漫画の敵あたりが使用しそうな必殺技のような名前ですが

一定時間ごとに地下から熱湯が勢いよく噴き上がってくるという、いわゆる完結せん…

もとい「間欠泉(かんけつせん)」というモノですね。



だいたい30~35分おきに熱湯を勢いよく噴き出すのですが、世界に数ある間欠泉の中でもこの龍巻地獄は、その噴出する時間の間隔が短いことで特に有名なのだとか…。

やっぱり別府の地底の火山活動…かなり活発なようですね。

「あと赤い地獄と青い地獄…ここは是非見ておいた方がいいですよ、旦那さん」

…と、運転手さんの推薦する赤い地獄こと「血の池地獄」は、龍巻地獄のすぐ隣りにありました。





ここは血のように真っ赤…というよりは、池の底に溜まった熱泥が非常階段の錆止めとかでよく使われている赤い塗料のような色をしている温泉なのですが、赤く見えているのは鉄やマグネシウムなどの鉱物が酸化したものらしいので、まさに錆止めと同じ成分ですね。

ここも、記録によれば明治8年、13年、21年、28年、44年、大正元年、昭和元年、2年と繰り返し爆発を起こし、周囲の山を削りながら徐々に池の幅が広がっているのだとか…

爆発した記録が坊主地獄よりも最近のものだし、けっこう頻繁に爆発してるし、しかも隣は間欠泉とは…

いつまた爆発を起こしてもおかしくないわけですよね…

う~ん、大丈夫なのかなぁ…。

で、最後に行った青い地獄こと通称「海地獄」も、やはり調べによると1200年前に鶴見岳の爆発によって出来た池なのだそうで…



…ようするに、運転手さんが言っていた「天然ものの地獄」というのは全部爆発によって出来たもの…だったんですね。

あまりに濃厚な硫黄成分は身体に毒であるし、温泉は地の底の世界とつながっているから、高温の温泉を噴き出すその噴出口を土地の人たちは「地獄」と呼んだのだろう、と勝手なイメージで思いこんでいたのですが…

どうも違うかもしれないな、と私には思えてきました。

それは温泉地の宿命なのかもしれませんが、温泉があるということは即ちそこに火山帯がある、ということです。

温泉地に火山の噴火や地震は付き物…

爆発や地震に見舞われる度に、街やそこに住む人々はきっと甚大な被害を被ったことでしょう…

坊主地獄の爆発によって吹き飛ばされ命を落としたお寺の住職のように…。

それでも人々はその土地を離れず、街を再建させてきました。

それは、いつまた爆発するかわからない危険と隣り合わせだとしても、なお離れがたい魅力がその地にあったからでしょう。

噴火は巨大な災害ももたらしますが、同時に肥沃な大地と豊かな実りも生み出します。

いいことばかりではないけれど、悪いことばかりでもない…

それが自然というものであり、別府の人々は何世代にも渡ってその大自然と、実に上手に付き合ってきたのです。

平和な時でも、災厄はいつ襲ってくるかわからない…

ゆえに

それを忘れないために別府の人々は温泉(爆発現場)にあえて「地獄」という…恐ろしい恐ろしい名前をつけたのではないでしょうか?

…と、これもまた私の勝手な思いこみなのかもしれませんけど…。


 
スポンサーサイト
2011/04/30 05:52|見聞録TB:0CM:0

別府・地獄めぐり(2)。 

4月29日

別府湾に面した鉄輪(かんなわ)~亀川地区は、「豊後風土記(ぶんごのくにふどき)」にも登場する、千年以上昔から噴気や熱湯、熱泥が地中から噴出している地帯。

近寄れないほど高温の熱気を噴き出すことから、その温泉の噴出口を地元の人々は「地獄」と呼ぶようになったとか…以上、ガイドブックからの受け売りですが…。

ほんほん、なるほど。

そういえば昨夜、町を歩いていたらマンホールや道路脇の排水口から白い蒸気がモクモク立ちのぼっていましたけれど、例えばあれも地獄の一種なんですかね?



違う?あぁ、あれはただの排水(私が宿泊していたホテルの露天風呂も源泉かけ流し方式でしたから…そういう温水も含めて)ですか…

それが夜になって気温が下がってくると、温度差で湯気になって排水口からあんな風に…はぁ、なるほどなるほど。

いやぁ、そんな事情知らなかったもんで…

あんなに濛々(もうもう)と白煙が出てるんじゃ、何か地下でヤバいことが起こっちゃってんじゃないかなとか心配になっちゃったんですけどね…

そうですか、この街(別府温泉街)ではごく日常的な風景なんですね。

いやぁ、私なんかは肝っ玉が小さいもんで「地獄」なんて言葉の響きを聞いただけでもびびっちゃいますけど、別府の人たちにとって「地獄」はごく身近な存在なんですねぇ…

…という具合いに

タクシーの運転手さんと話をしているうちに、車は運転手さんオススメの「天然もの」…というか天然記念物に指定されている地獄、「坊主地獄」に到着しました。

地獄めぐりのコースの中には、いかにも地獄らしく鬼が罪人を釜茹でにしている人形ジオラマやら、温水を利用して熱帯地方のワニなんかを飼育している「観光用に作られた人工の地獄」もあるらしく、個人的な趣味からいえばそっちの方も大いに気になるのですが…

途中の道に秘宝館なんかもあったりしたので「あ、ちょっと見たいな」と思ったり…

しかし

私が動き始めたのが午後3時近くとかなり遅かったせいで…

観光施設は大体5時で閉まってしまうから、とても全ては廻りきれないでしょう…と

それだったら是非天然ものだけでもご覧なさい、天然ものは迫力が違うから!と運転手さんが力説するので

じゃあお任せしますから、良さげなコースを選んで連れて行って下さいとお願いして、ガイドもしてもらったんですが…





ポコンポコンと絶え間なく地底から湧き出す熱泥の泡…

その丸い泡がお坊さんのハゲ…
いや、剃髪なすった頭に似ているところから名付けられた、通称「坊主地獄」。

雰囲気としては『千と千尋の神隠し』に出て来たクサレ神様にクリソツ。

ドロドロに溶けた大量のチョコアイスみたい…

でも温度は100度くらいあるから触ったら火傷しますが…。

現在は庭園のように整備され、見学コースになっているこの場所には、もともと延内寺という立派なお寺が建っていたそうで

しかし、およそ480年前…

大地震とともに大爆発が起き、地底から噴出してきた熱泥によって、延内寺は住職もろとも木っ端みじんに吹き飛ばされてしまったといいます。

園内には、その時出来たと伝えられる巨大なクレーターが生々しく残っていました。

ふーん…

ん?ちょっと待って下さいよ…

ということは…

現在、園内でポコポコと活発に湧き出している熱泥はその爆発の時の名残り…?

ということはつまり、爆発を起こした火山活動はまだ全然おさまっていないということ…?

あ、そうか!火山活動がおさまっちゃってたら別府の温泉も枯れちゃうわけだよね…

というか、別府の街そのものが阿蘇火山帯の上に乗っかっているわけだから…

いつまた、爆発するかもしれないのでは?…

それって、かなりヤバいんじゃないですか!?

「そうですな、いまかもしれませんし、ずっと先かもしれません…爆発するかもしれないし、しないかもしれない…それは誰にもわかりませんな…」と運転手さん。

「…………。」

…と、その話を聞いて、私は一瞬言葉を失ってしまいましたが…

それと同時に、なんだかものすごく重要なことが、私には少しだけ見えてきたような気がしました。 
2011/04/29 19:01|見聞録TB:0CM:0

別府・地獄めぐり(1)。 

4月23日

せっかく別府まで来たのだから…という訳で

旅行の最終日は別府観光にあてました。

とは言っても、私が別府を訪れたのは今回が初めて。

しかも「映画祭があるからいろいろ見てまわるような時間はあんまりないだろうな」と思っていたので、ろくすっぽ下調べもしないで行ってしまったものですから

観光すると言っても何を見たらいいのやら…まったく見当つかず…。

それでも、ホテルの窓や映画祭の会場から通天閣のパチモンみたいな「別府タワー」など、個人的にちょっと気になる施設がいくつか見えたので、そこをブラブラ廻ってみるのもいいかな?とか思ったのですが



ここはひとつ、地元の人のオススメスポットを聞いてからでも遅くはないと考え直し

どこか面白いところを教えてもらおうと、ホテルのフロントに立ち寄ったところ…

見せてもらった地元の観光スポットを一覧表にしたみたいな地図の中に「地獄めぐり」という…なにやらまがまがしい文字を発見…。

「この…地獄めぐりって、ここから遠いですか?」とホテルの人に聞いてみると

「ああ、地獄ですか。地獄へ行かれるんでしたらタクシーがいいですよ」と教えられました。

そこでホテル前に止まっているタクシーの運転手さんに聞いてみると

「ああ、地獄はいいですよ。行かれるんでしたら天然ものがオススメですな、天然ものだけでも見られたらいかがです、御案内しますから」と言われました。

天然ものの地獄?

地獄に天然ものとか人工ものとかあるものなのか?とだんだん気になり始めてきた私は

どうしよう?

そういえば漫画とかでよく「地獄谷」みたいな場所は出てくるけど

今後描く時が来るかもしれない…その時のために見ておいた方がいいのか?

嫁さんも地元の韓流ファンと遊びに行っちゃって帰って来ないし…

このまま一人ホテルでダラダラ過ごしているのもなんだかもったいないような気がするし…

そんな迷っているくらいだったら…ええい、ままよ!行ってしまえ!と

「じゃあお願いします」と

私は思い切って、タクシーに飛び乗りました。

こうして私と地元タクシー運転手さんのプチ『神曲』地方版…地獄めぐり二人旅が始まったのです。 
2011/04/23 16:36|見聞録TB:0CM:0

別府八湯・日韓次世代映画祭。 

4月22日

温泉もよかったのですが

別府に行ったのは『第3回 別府八湯・日韓次世代映画祭』というイベントに(私はもちろんゲストではなく、ただのお客として…ですが)参加するのが目的でした。





写真は映画祭会場のひとつ、別府公民館。

見てのとおりかなり古い建物なので、一瞬「大丈夫か?(何が?)」と不安にかられましたが、町の人に聞いてみたら太平洋戦争で別府は空襲を免れて、そのお陰で古い建物が町のあちこちにそのまま残っているのだそうです。

文化財じゃないですか。
古いとか不安だとか言ってごめんなさいね。

映画祭には韓国映画界から

『デュエリスト』『M』のイ・ミョンセ監督、

『映画は映画だ』『義兄弟』のチャン・フン監督、

チャン・フン作品では常連名バイプレーヤーの俳優コ・チャンソク氏、

そしてチャン・フン監督の次回作『高地戦』で主役の一人を演じたイケメン俳優のコ・ス氏、

日本映画界からも『半落ち』『チルソクの夏』の佐々部清(ささべ きよし)監督がゲストとして招待されていました。



この時期、原発事故の影響で海外からのゲストの来日スケジュールが延期になったり、キャンセルになったりすることが増えている…

そんな中、来日して下さった韓国映画界の方々には、一人の日本人として本当に感謝の念に絶えません。
よくぞ来てくださいました。

コ・ス氏など、震災で被災された方々を心配して顔色が暗くなってしまい、見ている観客の方がちょっと気の毒になってしまうという…そんな場面もありました。
いい人ですね。





映画祭に参加できなかったファンも、彼の暖かい笑顔にきっと勇気づけられたことと思います。

韓国映画に関しては、私より嫁さんの方がずっと熱いのですが
(嫁さんは俳優カン・ドンウォン氏のファンで、ドンウォン氏がソン・ガンホ氏とともにツートップで主役を演じた『義兄弟』の公開初日舞台挨拶を追いかけて韓国へ飛んだほど)

いまの韓国映画には、ちょうどイギリスから中国へ返還される前の香港映画界のような活気、イキオイがあって

香港映画好きだった私から見ると、そのあたりがちょっと懐かしいような

何でもありというよりは何が起きても不思議ではないような…得体のしれない熱気のようなものが漲っていて、見ていてとても面白いしうらやましく感じます。

すでに大ヒットしている原作の映画化だったり、過去の有名作品のリメイクだったり…
日本映画界にはもうそんながむしゃらな熱気…あんまりありませんからね。

韓国映画もいろいろ見ましたが

でも、その中で私の韓国映画マイベストは?と聞かれると…

それは『恐怖の外人球団』だったり『ロボット・テコンV』だったりするんですが…

ギャグではなく、本気で。

『テコンV』などあまりにも好き過ぎて、2年前上映+監督のトークショーがあった時など、そのためだけに名古屋の映画祭に行ったほど…なわけですが

嫁さんや、嫁さんの友達には…黙っておいた方が無難…でしょうね。

話が合わないだろうし…。

私的にはあの時代(1970年代)の韓国の、なんともいえぬ熱いぬかるみのような泥臭さがホントに好きで

たまらない「味」だったりするわけですが

演出も俳優の演技も、何もかもが過剰で…濃厚過ぎますからね

好きな人は好きでしょうし嫌いな人はホントに嫌いでしょう。

まぁ、それでいいんですけど…

そう思うと、いまの韓国映画は

ホントに垢抜けましたねぇ…。

いや、そうでもない……のかな? 
2011/04/22 07:39|見聞録TB:0CM:1

時期的に不謹慎かな…? 

4月22日

時期的に不謹慎かな…?
…とも思いましたが…



すみません。

別府温泉に行ってきました。

「なにも東日本があんなことになってる時に行かなくても…」とか

「温泉なんてけっこうなご身分ですこと…」とか

そうおっしゃる方もいらっしゃることとは思いますが

震災が起こる前から入っていたスケジュールなので!

予約済みだったので!

もうお金も支払っちゃってたし!

キャンセルしたらしたでキャンセル料取られちゃうし!

震災の方が予定外だった訳で!



…そうは言っても、気持ちの上ではかなり気が引けたところもありました。

「いまこの瞬間、被災地で苦しんでいる人たちが沢山いるというのに、楽しんじゃいけないんじゃないか」とか


でも

そんな時だからこそかえって気分転換する必要があるのではないかとも思い、思い切って旅に出た訳です。

正直、私も精神的にかなり疲れが溜まっていました。

震災以来続く余震や原発事故のために

ご飯を食べに行っても、布団に入っても、ネームを考えていても…

なんだか何をやっても「申し訳ないような」気がしてしまって

楽しそうにしてちゃいけないんじゃないか、とか思ったり

日記も全然更新できなくなってしまっていましたし

思考が停滞して、とても創作活動などできるような状態ではありませんでした。

創作というものはどんなに追い詰められていても、ある程度心にゆとりがなければできないものなのです。

そういうものなんです。



温泉にゆっくり浸かって、布団に寝転がりながら…考えました。

「そういえば、揺れない部屋で寝るの…久しぶりだなぁ」とか…。

東北から離れているとはいえ、東京も毎日のように余震に襲われていましたから

半分地震に慣れっこ、みたいにはなっていましたが

でも、もう半分は

余震に襲われ続けていたためか、軽い乗り物酔いのような目眩のような感じがずうっと続いていて、なんだか地震がなくても身体が揺れているような不安定な感覚が身体に染み付いてしまっていて…

それが地面が揺れていない土地に行くことで、少しだけ正常な感覚に戻ったような気がします。

気持ちの上では「まだまだ大丈夫」と思っていたのですが…

精神以上に、私の身体は休息を欲していたのかもしれません。 
2011/04/22 00:48|独り言TB:0CM:0

今年の桜。 

4月8日

いま夜中の1時過ぎです。

花粉症で鼻が詰まってなかなか寝つかれず、さっきようやく入眠したところに馬鹿デカイ余震が来て、棚の上から降ってきた本に頭をド突かれて…もう完全に目が覚めてしまったので、この日記を書いています。

地震は天災。

誰を責めても仕方がないということはわかっているのですが、もういい加減にしてくれよ!とちょっと怒りたくなりました。

しかし

どんなに怒っても、人間の思い通りにはならないのが「自然」というもの。

過去の災害から想定して、こんだけしとけばまず大丈夫じゃろうと思って人間が作った「備え」を、大自然の力はいとも簡単に上回ってしまいました。

例えば

原発を設計したひとが自然の猛威を甘く見ていたわけではないと思う(思いたい)のですが

何が起こるかわからない、絶対安心、安全なんてことはありえない…ということを

私たち人間は覚えておかなければならないでしょう。


ちょっと個人的な話になりますが

地震や原発も怖いのですが、花粉症の私にとって厄介なのが、ここ数日の花粉の飛散量です。

あまりにも凄すぎて目も開けていられない。

息をする度にくしゃみを通り越して咳込んでしまう…それくらい飛んでます。

机に向かっても鼻が詰まって空気中で溺れているような感じ。

呼吸が苦しくて集中することができず、かといって薬を飲むと強い薬はどうしても眠くなってしまいますから、どちらにしても仕事が一向にはかどらないという…最悪のスパイラルに陥ってしまいました。

それに加えて、近所のスーパーでティッシュボックスの売り切れが相次ぎ、ティッシュヘビーユーザーにとっては大変厳しい状況になっています。

なので、ここ数日

花粉の飛散量が夥しい(おびただしい)日中はできるだけ外出を避け、夕方くらいから動き始める…という日々が続いています。

外出ついでに

近所の神田川沿いまでちょっと夕暮れの桜並木を見に行ってきました。





ああ、綺麗だなぁ

この桜前線が、これから徐々に北上して…

被災地にも春の訪れを告げるんだなぁ…と想像したら

それがあまりにも綺麗事過ぎて

復興がそんなに簡単なものじゃないということがわかっていても

被災地の復興を心から願わずにはいられませんでした。


復興…

そのためにはまず

福島の原発事故の被害がこれ以上拡大してしまわないように

それはもう

私たち一般市民はただただ祈るしかないんですが…

思い出してしまうんです。




20数年前に、私は署名で参加しただけですが

北海道の泊原発の稼動開始反対運動に賛同したことがあって

その時、結果的に稼動開始を止めることができなくて、無力というか非常な無常感を味わったのですが

その時、反原発派の人々が唱えていた(かつ原発推進派の人々が「そんなこと絶対ありえない!!」と豪語していた)

「最悪のシナリオ」が

いま、まんまその通りに

全部現実になって行ってしまっているので…

私としては、もう本当に怖くて

でもどうしようもなくて

これ以上事態が悪化しないでくれるよう

奇跡が起こってくれないかと…

祈るほかはないのですが…。

来年も今年と同じように

美しい神田川沿いの桜を楽しむことができるのでしょうか?

来年も今年と同じくらいの花粉の飛散量だったら…

それは勘弁して。 
2011/04/08 08:35|独り言TB:0CM:0

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。