総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ザボーガーこぼれ話。 

10月29日

井口昇(いぐち のぼる)監督の劇場映画『電人ザボーガー』…

お客様の入りもなかなかよろしいようで、まずはおめでとうございます。

まだ…という方はこの週末、劇場へどうぞ。

もうあちこちのインタビューなどで御自身が語られていることなので解禁と思い私も書きますが、

今回の主題歌を歌っておられるオペラ歌手、高野二郎(たかの じろう)さんにとって『ザボーガー』は特別な存在でした。

オリジナルテレビ版の『ザボーガー』が放送されていた当時、高野さんは実のお兄様を病気で亡くされていて、そのお兄様から買ってもらったザボーガーのソフビ人形を高野さんはいまでも大切に持っていらっしゃいます。

私もライブなどで見せて頂きました。

兄の形見のザボーガー…と書くと、まるでなにかの設定のようですが紛れも無い高野さんの事実なんですね。

つまり、高野さんが「♪俺とお前は兄弟なのさ」と歌っている時は、本当に本気でザボーガーのことを「俺の兄弟」と思って歌っているわけで

なんというか、魂の入り方が違うわけです。

お仕事を越えた、異様な何かがこもっている。

芸術家にとって「生涯における大事な作品」というものはあるわけですが、高野さんにとって『ザボーガー』はまさに「大事な一曲」なわけです。

そんなオペラ歌手はこの世に高野さん以外いない(というか特ソンを歌っているオペラ歌手自体が珍しい)と思うんですが

そういう高野さんの事情を知っていた私は、初めてエンディングを見た時もう涙が止まりませんでした。

いい歌だ

でも『ザボーガー』…

こんないい歌だったっけ

そう感じたのは、やはり高野二郎さんという歌手がこの楽曲に込めた思いがストレートに伝わって来たからでしょう。

それは映画をご覧になられた皆さんにもきっと伝播したはずです。

主題歌だけでもCD出してくれないかなぁ。

エンディングといえば、大門豊(だいもん ゆたか)老年期を演じてらっしゃった、きくち英一( - えいいち)さんからも、先日貴重なお話を伺うことができましたのでそれもちょっと書いておきます。

きくちさんはオリジナルテレビ版の方で中野(なかの)刑事を演じられていましたが、殺陣(たて…アクションの振り付け)も担当されていて

大門が走るトラックの荷台から飛び下りて地面をゴロゴロっと転がり、その後ぱっと立ち上がるという…非常に危険なアクションシーンを撮影していた時のこと

荷台から飛び下り、地面を転がったスタントマンが一向に起き上がらないのでどうしたのかな?と思って駆け寄ってみたら、白目を剥いて失神していたそうです。

飛び下りた時に「頭から行ってしまって」後頭部を強打してしまい、脳震盪を起こしてしまったんですね。

その後、その方は救急車で運ばれていったそうですが…

「ほら、トラックの荷台ってけっこう高いでしょ。そこから地面を転がるのって、足元まで落ちるわけだからさ、けっこう落差あるんだよね…あぶないことしてたよね」

ときくちさんは笑ってらっしゃいましたが、洒落になりませんがな。

他にも、大門豊こと山口暁(やまぐち あきら)さんのキックがシグマ団の戦闘員の顎先をかすめた瞬間、戦闘員が糸が切れた操り人形のように崩れ落ちたので、「あれ?おかしな倒れ方したなぁ」と思ってきくちさんが駆け寄ってみたら「それも脳震盪だったんだよねぇ」という話とか

リアル「グラップラー刃牙(バキ)」ですな。

他にも、撮影中にシグマ団の使うこん棒が山口暁さんの片目を直撃してしまい、青たんができてしまったんだけど、なんとかカメラに写らないようにしてそのまま撮影を続行したとか

すごい話がいっぱい。

「体当たりのアクション」は確かに『ザボーガー』の大きな魅力のひとつではあるのですが…あまりにも野蛮というか…いろんな意味で「昭和な」現場ですね。

フジテレビの伝説的プロデューサー別所孝治(べっしょ たかはる)さんが撮影現場に来て「もっと!もっとブルース・リーで!」とブルース・リーって連呼してたらしいですし…

そういう時代でした。

これからDVDなどで『ザボーガー』をご覧になる方は、大門豊…を写しているカメラの脇に立って「ブルース・リー!」と叫んで山口暁さんを煽っているプロデューサーさんがいたことを頭に思い描きながらご覧になると、より一層楽しめるかもしれません。

それにしても、よく考えたら人間と異形がペアを組んで戦う『ザボーガー』って『ポケモン』の元祖ですな。

と言っても『ポケモン』のサトシは飛竜三段蹴りは使いませんけどね。

大門の勝ち。 
スポンサーサイト
2011/10/30 01:20|独り言TB:0CM:1

足つった。 

10月23日

今日、新作『電エース』のアフレコ作業で

電一(でん はじめ)の弟、電次朗(でん じろう)の声の吹き込みをしてきたんですが、いやぁ、慣れないことでホントに難しかったです。

アニメだと口パクとかタイミングである程度は合わせられるかなぁとも思うんですが

実写だと唇の形がはっきりわかるものだから、ちょっとでも撮影時と台詞が違おうものなら、そらぁもうすごい違和感ではっきりわかってしまうくらいなわけです。

洋画とか韓ドラとかの吹き替えやってる声優さんとかホントにすげぇんだなぁとかね

なんかいまさらながら、すごい感心しました。

それでなんとかやりおおせて、いっぺんに緊張感が解けたせいなのかどうなのかはわかりませんが

今朝、目が覚めて布団の中で体を伸ばしたら

足つってしまって。

ピキーンってね

まぶたの裏側にアニメの透化光みたいな光が見えたっすよ。

アニメの『北斗の拳』で秘抗を突かれた悪党の身体になんか雷みたいな処理がバチバチって、一瞬電撃が走るじゃないですか

あんな感じ。 

寝てて首を寝違えることはたまにあるのですが、足つったってのは初めてで

というか、実は足をつったこと自体が生まれて初めてで。

よく足つって海とかプールとかで溺れるって描写が漫画とかアニメとかであるじゃないですか。

私、いままで実感が湧かなかったんですけれど、こんな痛いもんだったとは。

なんかふくらはぎの中に鉄の棒が入ってるみたいな。

このまま一生歩けなくなったらどうしようかと、一瞬ものすごい不安になりました。

ああ、怖かった。 
2011/10/23 16:29|独り言TB:0CM:0

代打で電人ザボーガー。 

10月23日

こんにちは。

加藤礼次朗総長が大変忙しく、年内はブログ更新もままならない。
しかし、ザボーガーに関してだけは今書かなければならないので、スマンが代打ちで書いてくれないか。

とまあ、このような次第でしゃしゃり出てきました、管理人の王健胆(ワン・ゴンダム)です。
乱筆・乱文はご容赦下さい。

「電人ザボーガー」
私も封切り3日目の月曜日と、5日目の水曜日に見てきました。
大変面白かったです。
17日はパンフレットが売り切れてまして、19日に入手いたしました。

19日(水)はイベントがありまして、映画版の主題歌を歌ったオペラ歌手の高野二郎(たかの じろう)さんが、公式の場で初めてザボーガーのOP・EDを披露する、という事だったので「これは行かねば」と、行って参りました。

女性ゲスト無しの男だらけのイベント(観客には女性の方は居りました。)でしたが、私はオタなので別に気にしません(笑)。
そんな事よりストロング・ザボーガーの方が重要でしたよ。

TV版では不格好で、前のザボーガーの方が良いと言われたストロング・ザボーガー(私の周りではです)が、

なんと普通にカッコ良くなってる(笑)!

対ブラック・ホーク戦はしびれるほどカッコ良い。
(そこだけじゃ無いです。もちろん他にもカッコ良いところが一杯あります。)

そうだよ、こんなザボーガーが見たかったんだ。

また近い内に3回目を見に行こうと思ってはいますが、行ける時間があるかどうか・・・。


新宿バルト9での4日間の興行成績がダントツだそうで、ぜひこのまま突っ走っていっていただきたいですね。

その勢いで映画版のサントラCDも出してくれたら私はうれしいです。

特撮映画ですが、女性が見ても問題無く楽しめると思います。
それこそ家族全員で見てもOK。

ぜひ、劇場へ見に行ってください。


写真は特撮ソング歌手デビューを飾った、高野二郎さん。



ブログはこちら
「二郎さんの日記」

で、こちらは音楽監督の福田裕彦(ふくだ やすひこ)さん。



ブログはこちら
「裕福バカデミア」

ザボーガーについて、熱く、すばらしく語っております。

「電人ザボーガー」、よろしくお願いします。 
2011/10/23 00:46|管理人のお知らせTB:0CM:1

劇場版電人ザボーガー。 

10月15日

いよいよ本日から、井口昇(いぐち のぼる)監督の劇場映画『電人ザボーガー』が公開ですね。

皆さん是非ご覧になって下さい。

私自身は今回の『ザボーガー』にはノータッチなんですが

主題歌を歌っているオペラ歌手の高野二郎(たかの じろう)さんと音楽担当の福田裕彦(ふくだ やすひこ)氏を引き合わせたのが私だったので

全く関係ないかというと微妙にそうとも言い切れず

私自身は『ザボーガー』の仕事はなにひとつしていないのに、劇場やテレビで予告を見るたびに、なんか「いい仕事をしたかのような」…イタい錯覚にとらわれています。

私はすでに、『ザボーガー』を本放送当時コミカライズなされていた巨匠、一峰大二(かずみね だいじ)先生とご一緒に試写で見せていただいているのですが

まだこれからご覧になる方のために多くは書きませんが

オリジナル版『ザボーガー』の方で中野刑事を演じ、殺陣も担当されていた、きくち英一( - えいいち)さんが

ものすごいいいところで登場します。

きくちさんのところで、私泣きました。

あとオープニングの高野二郎さんの歌が流れてきた瞬間も泣きましたが。

まさか『電人ザボーガー』でね、泣くとは思わなかったですよ。

もちろん、昔の『ザボーガー』を知らなくても楽しめるように作られているので、全然大丈夫なんですが

知っている人が見るとリスペクトの意味がわかるのでより泣ける、という

そういう作りになっています。



写真は、新宿バルト9のチケットロビーに展示されているマシーンザボーガーと、今年の夏に記念撮影したもの。

前売り券も買ってあるので、私も劇場にもう一回見に行きます。 
2011/10/16 00:20|宣伝TB:0CM:0

八王子に「がおたくん」。 

10月13日

先週末、八王子駅を通りかかったら

秋田から、ちびっこナマハゲの「がおたくん」が来ていたよ。



ウヒョー、かわいいぜ。



一緒に写真を撮ってもいいらしかったので
一緒に撮りました。



ちびっこだから、いまはかわいいけれど

ナマハゲだから、大人になったら出刃包丁を振りかざして「悪り子はいねがぁ」と子供を泣かせるんだろうね。

うん、いいんじゃない!!

どんどんおやりなさい。 
2011/10/13 09:38|独り言TB:0CM:0

キャプテン・アメリカ 

10月11日

試写会で『キャプテン・アメリカ~ザ・ファースト・アベンジャー』を観てきましたよ。

キャプテン・アメリカといったら

アラレちゃんの帽子みたいに頭の左右に羽根がくっついたほっかむり(ほんとはアラレちゃんよりキャプテンの方が歴史的にはずっと古いんだけど…わかりやすい、例えとして、ね)とか

アメリカ国旗をあしらった全身タイツとか

数あるマーベルヒーローの中でも、21世紀にリメイクするにはもっとも適さない

言ってみりゃ「最凶に馬鹿っぽい」感じの人なんですが

これが蓋を開けてみたらビックリ。

近年稀にみるスーパーヒーロー映画の傑作で

私『スパイダーマン2』以来、久しぶりにアメコミヒーロー映画観て泣きました。

どこで泣いたかは公開始まってから、時間あったら書きますよ。リクエストして下さい。

監督のジョー・ジョンストン監督は『ロケッティア』とか『遠い空のかなたに』とか、私にとって魂の名作とも言える作品を作って下さった方という以上に

『帝国の逆襲』のATAT・スノーウォーカーとかアイアンジャイアントをデザインされた方として偉人。

「第2次世界大戦が舞台の仮想戦記ヒーローアクションで、敵はナチス」というネタで

私たち(オタっ子)が「こういうのが観たい」と思っているものが、ほとんど全部入っている

こんなに盛らなくてもよかったんじゃない?というくらいの大サービス

ほんとによく「わかっている」監督様です。

出てくるメカとかのデザインとかディテールがほんとに素晴らしくて

ああ、時間も予算も無かったけれど

実相寺昭雄監督の『シルバー暇面』でも、ほんとはこれくらいやりたかったなぁと

ちょっびっとだけ関係者としてジェラシーも…。

今回は2Dで観たんですが、劇場は3D公開なんですよね。

もう一回見に行こうかなぁ。 
2011/10/11 04:55|見聞録TB:0CM:0

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。