総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

少年実相寺 

5月25日

現在、仕事場の近所の早稲田大学本部キャンパスがリニューアル大改修工事中。



工事現場をぐるっと取り囲む鋼鉄のフェンスに、藪野健(やぶの・けん)先生のスケッチ画が印刷されていてとても素敵です。

昼ご飯を食べに外へ出たついでに眺めながら、よくそこを通るのですが

先日そのスケッチの中の、路面電車が描かれた絵の一画に



電車を見て喜ぶ実相寺(じっそうじ)少年の姿を発見!!



いやぁ、いままで何度も通りかかっているのに見落としてたなぁ…

迂闊(うかつ)でした。

我が恩師、実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)監督と藪野健先生は大親友。

以前、府中美術館で行われた藪野先生の個展で展示されていた旧鉄道博物館(以下・鉄博)のスケッチにも(藪野先生は記録のためにスケッチの端によく場所とか日付とかのメモを書き込んでいるのですが)

「実相寺昭雄と共に…」みたいなことが書かれていて。

日付を見たら鉄博が閉鎖になる直前…

つまり、監督が大手術を乗り越えられて病院から退院された直後(いや、もしかしたら入院中?)で。

「藪野先生と監督は本当に仲がよかったんだなぁ」というか

「本当に晩年ギリギリまで遊びに行ってたんだなぁ」というか…

まぁ、鉄道マニアなら長年馴染みのある万世橋の鉄博がなくなるなら、なくなる前にもう一回行っておきたいという心情はわからなくもないんですがね…

「本当にマニアだったんだなぁ」というか

「…執念だな」と。

監督がお亡くなりになられる前に何度か話をする機会はあったのですが 

「鉄博に行った」なんて話は一度も聞いていなかったので

新たに発覚した事実に驚いたり感心したり呆れたりして…

そんなことがありました。

ちょっとしたメモが後々重要な記録になることがあるんだなぁと、教えてもらったような気がしました。

それにしても現役早大生じゃ、若すぎて「実相寺」だけではピンとくる学生が意外と少ないのでは…?

実相寺監督はただ藪野先生の友達というだけじゃなく早稲田大学仏文科を卒業したインテリで

れっきとしたOBなので大学の壁に描かれる理由がちゃんとあるんですが…。

そういえば藪野先生を監督演出の『魔笛』にご招待した時

観劇しながら『魔笛』の舞台美術をスケッチされていて、その観察力に「すごいなぁ」と驚かされたんですが…

あのスケッチはいまどこにあるのかなぁ…

と、藪野先生を見習って、私もそういう細かいことをちょこっと書いておこうと思います。 
2012/05/27 03:30|見聞録CM:0

日食 

5月21日

皆さん、日食、見られました?

私の場合、ちょうど八王子で授業がある日だったのですが…

いつもなら、朝7時35分頃(日食が完全にリングとなる時間)といえば完璧に通勤電車の中…

かと言って、日食を見てから家を出たら確実に授業に遅刻してしまう…

という感じだったので、仕方がないから気合い入れて頑張っていつもより2時間早く起きして八王子で観測しました。



観測場所は横浜線みなみ野駅前の陸橋の上。

このあたりだとここが一番見晴らしがいいので。

しかし空模様はあいにくの曇り空。

せっかく観測グラスを準備したのに、このままでは雲が厚くて見られないかも…と心配したのですが

時間になったらちょうど雲の切れ間からええ感じで太陽が顔を出し、綺麗な日食を見ることができました。



どっかの知らない家族も



トラックの運転手さんも車を止めて観察。



しばし茫然…

写真ではわかりにくいのですが日食の間、周囲は夕方とも、薄曇りの昼間とも全く違う、異質な薄暗さに包まれていました。



不思議な時間だったなぁ…。

ところで、学校へ行ったら職員室で「アレ(金環日食)って生で見るとお金が貯まるらしいっすね」と噂してる先生がいたんですが…

皆さん、知ってました?

私ゃそんな噂、聞いたこともねぇ。

ホントかなぁ。

ホントだったらいいんだけどなぁ。 
2012/05/23 06:36|見聞録CM:0

それいけ!電エースDVD。 

5月17日

CSキッズステーションで放送された電エースシリーズ最新作『それいけ!電エース』のDVDが発売されます!!



Amazon↓
それいけ!電エース【DVD】 
2012/05/17 02:12|独り言TB:0CM:0

腐女子のための基礎知識。 

5月11日

すみません、忘れてました。

発売からかなり時間が経ってしまったのですが

『腐女子のための基礎知識 日本の歴史編』(クイン出版刊)という本でカット描きました。



私が描いているのは、キャラクター以外の部分で

平安時代の貴族の館、吉原遊郭から大正時代の地下鉄銀座線、三越店内まで

作画の参考になりそうな背景画を担当しました。

Amazonなどでも取り扱っているようなので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

Amazon↓
腐女子のための基礎知識 日本の歴史編 
2012/05/11 23:13|宣伝TB:0CM:0

外事警察の再放送。 

5月11日

先日地上波で再放送された『89分リミックス版』に続き

土曜ドラマ『外事警察』全6話(2009年)がNHKBSプレミアムで再放送されます!!

詳細はこちら↓
『外事警察』公式サイト

初回は5月16日(水)午後10時から(以後毎週水曜日)です。

コミック版ともども、皆様ひとつよろしくお願いいたします。 
2012/05/11 05:31|宣伝TB:0CM:0

大友克洋GENGA展。 

5月8日

秋葉原で開催されている『大友克洋GENGA展』にも行ってきました。



大友克洋(おおとも・かつひろ)先生のデビューから現在にいたるまでの作品の中からセレクトされた原画

プラス『アキラ』のカラーページを含む全原画(2300枚くらいあるらしい)展示という…

見応えタップリの内容でした。

実は『アキラ』の連載が始まったのも『初代マクロス』と同じ1982年(つまり『アキラ』も今年連載開始30周年)なんですが…

この時代に作られたコンテンツに、その後の人生を激しく左右されたというか

やっぱり計り知れない…そして拭い去ることのできない影響を(良くも悪くも)受けているなぁとあらためて思い知らされました。

漫画にしろアニメにしろ、この時代の作品には「思わず真似したくなっちゃう」…そんなカッコ良さみたいなものがあったんですね…

もちろん真似したところで大友先生みたいにうまく描けるわけではないんですが…

私が漫画家デビューしたのが1986年…

『アキラ』の原画を見ていて「ああ、このコマもこのコマも…真似して描いたなぁ」という絵がいっぱいあって…

若いころを思い出してモヤモヤしてしまいました。

会場の3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田3331)は、もと中学校だったそうなんですが



校舎の中で見たから「なおさら」なのかもしれませんが

本当に大友先生が「先生」で『アキラ』が教科書だったんだなぁという…

そんな感じがすごくしました。

その割りには私の漫画力はいまだにあんまり上がってないのでお恥ずかしいのですが…

お前は『アキラ』から何を学んだんだ!?…と

大友先生、出来の悪い生徒で本当に申し訳ありません。

展示の最後に落書きコーナーとか、金田(かねだ)の実物大バイクと一緒に記念撮影できるというコーナーがあり



さらに『童夢(どうむ)』の「あのコマ」を再現したコーナーが…!!



こちらも記念撮影OKだったので

人に頼んで撮ってもらいました。ズン!!



ちなみに撮って下さったのは

たまたま同じ日に会場にいらっしゃっていた漫画家の深谷陽(ふかや・あきら)先生…



…のご友人の方で

「正面からじゃなく、コマの角度と同じ角度で撮って欲しい!」とか言う

私の無茶な注文に見事に応えて下さって、本当にいい方で

…すみません、本当にありがとうございました。

それにしても今年のゴールデンウイークは記念撮影してばっかですね。 
2012/05/09 11:12|見聞録TB:0CM:0

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.