総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

『地球防衛軍3』のPV 。 

10月20日

昨日、新宿へ出て東口のヨドバシカメラの前を通りかかったら

店頭のテレビスクリーンにいきなり自分自身の姿が写し出されてビックリしました。

河崎実(かわさき・みのる)監督が演出した『地球防衛軍3ポータブル』というゲームのプロモーションビデオでした。



ケータイとかパソコンのちっこい画面でしか見たことがなかったので、ショップの店頭のクリアな大画面映像で見たらやっぱり迫力が違いましたね。

長いエキストラ人生の中で、ベテラン俳優の電零(でん・れい)兄さんこと堀内正美(ほりうち・まさみ)大兄が初めて褒めてくれた「背中の演技」もバッチリ確認することができました。

大兄いわく「礼次朗、背中が汗でびっしょり濡れてたでしょ?あの背中がね、宇宙怪獣に追われている戦慄を見事に感じさせて…背中で語る感じでなかなかよかったよ」と…

あれは汗じゃなくて

撮影現場の東映大泉スタジオの雨上がりの路上で、リハーサルの時はしゃぎすぎて転倒してしまい…

その時できた雨のシミだったんですが…

恥ずかしいので堀内大兄には「そこに気がついてくれましたか!ありがとうございます!」と言って元気にごまかしました。

どうもすみません。

皆さんもどこかのゲームショップでこのPVをご覧になる機会がありましたらチェックしてみてください。

それにしても、あんな大画面に顔が写ってたんじゃ…

自分では気にしてなくても「あっ、あの人見たことある」って私のことを見てる人がけっこういるってことでしょうね。

先日も、息抜きにレンタルショップでエッチなDVDを借りたら

受付の店員さんから「電エース面白かったです」っていきなり言われて…

気が動転して思わず「あっ、そうですか、ありがとうございます」とまともに受け答えしてしまったのですが…

「はっ?なんのことですか?人違いじゃないですか?」ってごまかしとけばよかったかな…

どこで誰に見られていても恥ずかしくないように日頃から行いに注意しとかないといけない…ってことですね。 
2012/10/21 15:10|宣伝

『新耳袋~霧の使者』。 

10月18日

ホーム社から『コミック特盛秋号 オール読み切り 新耳袋 あなたの隣の怖い話』という雑誌が発売されています。

私の最新短編『霧の使者(つかい)』が掲載されています。

原作は『白馬の鎧武者』という、怪談新耳袋の中の一遍で

主人公が事故で崖から転げ落ちる自動車の中から

白馬に乗った鎧武者を目撃した…という

そういう不思議なお話なのですが…

崖から転げ落ちる自動車とか…

白馬に乗った鎧武者とか…

描くのが大変なものがいくつも重なって作画に四苦八苦しました。

描いても描いてもなかなか終わらない…そんな感じで。

その辺りの労作ぶりも含めて、楽しんでいただければ幸いです。



Amazon
『コミック特盛秋号 新耳袋 あなたの隣の怖い話』 
2012/10/18 22:32|お仕事

田所(たどころ)教授と私。 

10月17日

私、昔から「ミッキー安川(やすかわ)に似てる」とは言われていた(けっこう気にしてた)のですが

先日、たまたま映画『日本沈没』(1973年版)を見ていたら

小林桂樹(こばやし・けいじゅ)…

というか田所教授(日本列島の沈没を予言して世間の顰蹙(ひんしゅく)を買うマッドな科学者)にも似てることを発見。

写真はテレビ版の方の田所教授ですが
試しに同じ角度で比較写真撮ってみました。



ウ~ン…似てるといえば似てる…

似てないといえば言えなくもない…ビミョー?

ちなみに『日本沈没』の時の小林桂樹さんは50歳。

ということは

あと4年たったら…もっと似てくるのかな?

それはわかりませんが

まさか小林桂樹への道(外見のみ)を歩むとは自分自身思ってもいなかったので

まあそれはそれでなんかカッコイイ歳のとりかたのような気もするし

いいのかな? 
2012/10/18 04:17|独り言

『はやぶさ…』から1年。 

10月11日

ひとつ仕事が山場を越えたので、日記代わりの手帳に書き込んでいたら

10月11日…?

といったら、忘れもしない

去年私が大泉学園の東映で映画『はやぶさ 遥かなる帰還』の試写(未完成版)を見せていただき、シナリオを渡されて…

コミック版『はやぶさ 遥かなる帰還』の制作がスタートした日…じゃないですか。

映画公開が2012年の2月11日で、公開までピッタリ4ヶ月しかなかったのが非常に印象深くて…それで覚えていました。

あれから一年。

早いなという感じもするし、あまりにもいろいろなことが有りすぎたのでなんだか遠い昔のことのような気もします。

それにしてもあの漫画

もちろん私ひとりの力でできたわけではありませんが

よく100日で完成したなと…今更ながら思います。

というわけで、お読みになっていらっしゃらない方はまだ売っておりますので、この機会に是非御一読ください。

Amazonはこちら↓
コミック版『はやぶさ 遥かなる帰還』


怪談新耳袋の新作も一本描きました。

掲載誌が来週発売になりますので、こちらもよろしくお願いいたします。 
2012/10/12 14:38|お仕事

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.