総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

実相寺監督はモーツァルト? 

11月18日

洋泉社MOOK『別冊映画秘宝・ウルトラセブン研究読本』が、なかなか売れ行き好調なようで重版がかかったそうです。

その本の中の「秘宝読者が選ぶセブンの人気エピソード」というコーナーで、堂々1位に輝いたのが第8話『狙われた町』…

といえば、我が恩師・実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)監督の回ですが…

早いもので今月末(というか10日後)の命日で七回忌ですよ、もう。

7年もたったら、たいていのことは忘れちゃったり、あるいは忘れられちゃったりするものなんですが…

「人は滅びるとも作品は不滅」というか…

今年のウルフェスでもちょっと思ったのですが

『ウルトラセブン』というソフトが後世に残り続ける限り、夕日に佇むメトロン星人の鮮烈なビジュアルもまた『セブン』という作品を代表するキービジュアルとして永久に残り続けていくんだろうなぁ、と

そして、そのビジュアルに影響を受けた若者たちがまた次世代のクリエーターとして育って行くんだろうなぁ、と思ったりしました。

この後たぶん20年後か30年後…あるいは50年後なのかはわかりませんが(50年経ったら『セブン』放送から100年近く過ぎてるわけですが)

その時(未来)になってから見ても、おそらくメトロン星人のビジュアルってまったく古びてないと思うんですね。

私らが受けたビジュアルショックを、メトロン星人の回を初めて見た未来の子たちも同じように感じると思うんです…ちゃぶ台の前であぐらかいている宇宙人の姿を見てなんじゃこりゃ、と。

たぶんその時になって、ようやく実相寺監督の本当の凄さを世間の一般市民の人々知ることになるだろう、思っているのですが…

逆に言うと真の天才っていうのは、時間が少し経ってからでないと価値が正当に評価されない…それが運命っていうか…

モーツァルトもそうでしたからね。

生きてる間は単なる流行作曲家で

そういう流行曲にも音楽的な価値がある…いや、むしろそういう流行曲のほうが世間に浸透して、かえって後世に残ってしまう、という…

本人も自分がクラシックの巨匠になるとは思ってなかったんじゃないでしょうか?

実相寺監督演出のモーツァルトのオペラ『魔笛』の舞台を見て、ギャグのシーンでお客様が爆笑しているのを見て私は戦慄しました。

そのギャグが『魔笛』が作られた当時…200年前のギャグだったからです。

ギャグってある意味流行の最先端…流行り廃りが一番出る部分じゃないですか。

なのに、おそらく200年前のお客様も爆笑していたであろう同じシーンで、現代のお客様も爆笑してるんですよ。

「不滅」なものってこの世にあるんだなあ、ということをその時私は肌で感じました。

でも、だからって

いくらモーツァルトが好きでも「生前のほうが扱いが不遇」ってところまで、監督も真似しなくてよかったのにね。

(個人的な感想ですが、実相寺監督の作品はもっと評価されていいと思っているので、あえて「不遇」という言葉を使わせてもらいます。)

マニアだけじゃなく世間一般的に「実相寺昭雄の本当の価値」はこれからだんだん「わかってくる」んだろうと思っています。

でもさ

どうせわかるなら『うぶめ…』が興行的に日本映画史に残る大ヒットを記録するとか

『鏡地獄』がアカデミー外国映画賞取るとか

監督が生きてる間に(わかりやすいかたちで)もっとわかってあげりゃあよかったのにね。

まあ、不肖の弟子としてできることは

「その時が来た時のために」「正しい実相寺昭雄像」を後世に伝えるための努力をいましておく…ということでしょうか。

そんなことを、最近常々考えたりしております。 
スポンサーサイト
2012/11/19 03:07|独り言

『ウルトラセブン研究読本』。 

11月2日

洋泉社MOOK『別冊映画秘宝・ウルトラセブン研究読本』という本が発売されてます。



『ウルトラセブン』放送開始45周年を記念した本で

巻頭の「ウルトラセブン入門」というセブンの超能力を解説するコーナーで、私も3ページほどイラストを描かせていただきました。

このコーナー

なんと、扉絵を描かれたのが水氣隆義(みずき・たかよし)先生。

水氣先生といえば…

キングギドラに次ぐ東宝の宇宙怪獣「ガイガン」をデザインされた方…



そして

「その方面の仕事」をしている者にとっては永遠の教科書と言える世紀の名著『怪獣ウルトラ図鑑』の中で

ウルトラホークやペガッサシティの内部図解を描かれてらっしゃった巨匠…



夏の『大伴昌司(おおとも・しょうじ)展』でも展示されていましたが、少年マガジン巻頭グラビアの奇想イラストも数多く手がけ、かの大伴氏が絶大の信頼を寄せていたという名画伯です。

…その巨匠と同じ本に!

しかも、同じコーナーでイラストを描かせていただける日が来ようとは…!

子供の頃『怪獣ウルトラ図鑑』に掲載されているイラストを「怪獣を描いてお金が貰えるなんてうらやましい…僕も大人になったらこんな仕事がしたい」と思いながら、指をくわえて眺めていたものですが

夢が叶いました。

感無量です。

まあ、実際やってみるとこれがなかなか

いろいろと大変ではあったんですが

夢だったんだから

これがやりたかったことだったんだから、と一生懸命描きました。

セブンのプロテクターにいっぱいついている凹みとか

撮影用のスーツではこの凹みの中にクリーム色のテープが貼られていたのですが

それを再現しようと、凹みの中を一個一個塗ってみたり



そこまで懲るなら、セブンのスーツアクターの体型まで再現しようと思って

あまりにもそっくりに描こうとし過ぎたために、下書き段階で「セブンの頭がでかすぎる」とストップをかけられたり

でも、一番大変だったのが

天才・成田亨(なりた・とおる)先生がデザインされたセブンの頭(顔)でした。

ウルトラマンに比べて線が多く、一見マンより描き易そう(似せ易そう)に見えるんですが

実はウルトラアイとかビームランプとか、ひとつひとつのパーツが線で繋がっているわけではないので非常にバランスが難しく

ようは「福笑い」

パーツ配置のバランスがちょっと変わっただけで、まったく別人みたいになってしまう、という…。

それに、頭部のアイスラッガーについている二つのへこみから伸びている、ねじれたような「溝」…

微妙なS字カーブを描いた、角度によってまったく表情を変えるあの2本の「溝」には苦しめられました…



その苦労は「写真を見ながらそっくりに描こう」としたことのない方にはちとわかりにくいかもしれませんが

やってみると、セブンのコミカライズをされた桑田二郎(くわた・じろう)先生のセブンの描き方(処理)が、いかに的確で洗練されたものだったか、ということがよくわかりました。

それはまさに、後から追いかけてくる者に「描けるかな?」と、天才・成田先生が仕掛けた造形上の巧妙な罠に挑戦するような日々でした。

おかげで普通にイラスト描く3倍くらい時間と労力がかかってしまいました。

最後に、描いたんだけど最終的に掲載から外されてしまったセブンの全身イラストを特別に載せておきます。



いやぁ、難しかった。



Amazon『ウルトラセブン研究読本』 
2012/11/04 04:59|お仕事

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。