総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

『燃える仏像人間』。 

6月24日

『燃える仏像人間』という映画を見て参りました。

私と同じように、故・実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)監督の薫陶(くんとう)を受けたプロデューサー・安斎レオ(あんざい・-)さん企画、製作による「劇メーション」超大作です。

「劇メーション(げきめーしょん)」というのはその昔、楳図かずお(うめず・-)先生の『猫目小僧』が映像化された際にも用いられた立体紙芝居のような手法ですが

『燃える仏像人間』は、監督の宇治茶(うじちゃ)氏自らが描いたその絵柄に異様な迫力があって

「アート的」といえば簡単ですが、そんな生易しいものじゃない…

いろんな意味で「誰も見たことがない」不思議な映像作品に仕上がっています。

実は私も、劇中で五体合体する仏像人間の一人、黄色い仏像の人の声優で参加させていただきました。
ひとことだけですが。

『燃える仏像人間』は下北沢トリウッドほか、全国で上映中!!



↓公式サイト
『燃える仏像人間』 
2013/06/24 20:09|宣伝

大手町駅。 

6月16日

東西線地下鉄大手町駅が現在、壁を改装中でコンクリートブロックが剥き出しの状態に。







ものすごい「楳図(うめず)感」。

というか『漂流教室』でこの場面見たぞ、という感じで

壁の間から皺だらけのカマドウマみたいな未来人が、いまにもヒョッコリ顔を出しそう。

大変カッコイイです。 
2013/06/17 07:54|独り言

これは…。 

6月13日





これは…おしりじゃなくてアレでしょ!

なんか遠い昔、こんなのが大活躍する漫画を描いたような気が…

う~ん

思い出せんなっ! 
2013/06/13 19:50|独り言

NHKスペシャル『未解決事件 File・3』。 

6月5日

皆様ご無沙汰をしております。

『ヒゲの隊長…』の仕事が終わってからも、今年はいろいろと仕事に恵まれ、幸せに働かせていただいております。

まだ発表の時期ではないので、どんな仕事をしているのか言えないのが大変歯痒いのですが、もう少々お待ちくださいませ。



大変忙しいのですが、これだけは書いて宣伝しておかないと…

次の日曜日(6/9)NHK総合で初回放送されるNHKスペシャル『未解決事件File・3/尼崎連続殺人死体遺棄事件』に

電零(でん・れい)兄さんこと堀内正美(ほりうち・まさみ)さんが出演されます。

↓番組の詳細はこちら
『未解決事件File・3/尼崎連続殺人死体遺棄事件』

この『未解決事件』というシリーズは

いまなお解明されていない数多くの謎を残した事件を、ドキュメンタリーと再現ドラマで再検証していくという番組で

過去『グリコ森永事件』『オウム真理教事件』などを取り上げ

見るとものすごく黒い気分になる番組なんですが

ワイドショー好きな私は欠かさず見ていました。

その第3弾が『尼崎連続殺人死体遺棄事件』…。

去年の事件じゃん!NHKも思い切ったことするな…と思いましたが

それに堀内さんが出るなんて。


事件の詳細は番組に譲りますが

悪意を持った親子が親切な別の家庭に乗り込んで行って、その家庭の幸福をめちゃくちゃに踏みにじる…という構図が

そういえば藤子不二雄A(ふじこ・ふじお・エー)先生の『魔太郎が来る!』にまったく同じような話があったなあ、と

ワイドショーで事件を見て思ってました。

『魔太郎…』が掲載されていた頃は少年チャンピオンの全盛期

私も一番多感なお年頃だったので、ほんとに記憶に焼き付いています。

誰も救われない

ただ嫌な気分になるだけ

でも記憶に残る

…そういう点が非常に「魔太郎的」というか

亡くなられた方もいらっしゃるので、マンガと比べてはいけないとも思うのですが

尼崎連続殺人死体遺棄事件は非常に極端で悪い意味でマンガ的で

ホントに嫌なマンガを読んだような気分になる事件でした。
まだ裁判中で「終わってない」けど。


先月の頭くらいに堀内さんから電話があって

なんだかものすごい憔悴してらっしゃったので、一回高田馬場でお会いしてお茶したのですが…

ああ、このお仕事だったんですねぇ…、そりゃあ疲れたでしょう、特に精神的に。

堀内さんは何もおっしゃっていなかったんですが

堀内さんがこの事件で演じられるとしたら、あの役しかないな…思っていたら

やっぱりその方を演じられるようです。

堀内さんがその人の役を演じてくだされば

たぶんすごくいいです。

たぶんその役は、堀内さんにしか演じられない、堀内さんでなければその人の本心に近づけないような気がします。

私は見ます。

でも見たら

「兄さん、なんてことを…」って

なんかアルテイシア様みたいな気持ちになりそう。

ちょっとみるのが怖いかも。 
2013/06/05 19:26|宣伝

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.