総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

コミック快楽天20周年。 

10月20日

アダルト漫画雑誌『コミック快楽天(かいらくてん)』(ワニマガジン社刊)が、創刊20周年を迎えました。

ただでさえ浮き沈みの激しい漫画界の中で

はやり廃りに最も敏感な

創刊したり休刊したりを繰り返すのが当たり前のアダルト漫画雑誌が

堂々と20年間も生き残り続いているということはただごとではありません。

私は、快楽天の前身雑誌『コミックライジン』から、快楽天の初期メンバーとして単行本4冊分の作品を執筆させていただきました。

それらの作品は私にとって青春の素晴らしい思い出です。

その20周年記念号(先々月発売号)の表紙が、久しぶりに村田蓮爾(むらた・れんじ)先生だったこともあって

買って読もうと思っていたら、あっという間に売り切れてしまい

買いそびれていたんですが、先日たまたま中野のコンビニで売っているのを発見し(先々月号を売っているなんてどんなコンビニ?)

無事入手することができました。



読んだらなんと、村田蓮爾先生が表紙を担当したの、実に11年ぶりだったそうで

それも驚きだったんですが、巻末に「コミック快楽天ヒストリー」という20年の歩みを振り返る記事ページがあって



その中に、なんと…私の描いた『男根平次(だんこん・へいじ)』のカットが…!



「加藤礼次朗先生の異色作『男根平次』。亀頭のような風貌の平次。擬人化の先駆けのようなキャラ!!」

…と紹介されてました。

私のところには掲載の連絡もなく、見本誌も送られてきていなかったので

まったくの不意打ちで発見したので本当にビックリしました。

「異色作」…まったくその通りで返す言葉もございません。

アダルト漫画といえば、読者さまに安価で手軽に抜ける「オカズ」を提供するのが命題。

その命題をキチンと果たされている作家さんがたくさんいらっしゃるというのに

その方たちを差し置いて、私のような異端児が紹介されていることが、なんだか恥ずかしいやら申し訳ないやら…

確かに他に類を見ない「変な」漫画ではある、と自分でも思いますが

ほんとにごめんなさい。

あの頃の私は、抜きどころとかそっちのけで、変なキャラクターで微妙なギャグを描くことばっかりに命を懸けていました。

その結果、読者さまの印象には深く残りましたが…

アダルト漫画家としては完全に失格でした。

なのに

そんな私の描いた「異色作」でも「こういうのもあっていいんじゃないの?」といって掲載してしまう懐の深さ

度量の大きさが、あの頃の快楽天にはありました。

いまは漫画界全体が売れ行き不振に喘いでいるので、そんな作品を許すようなゆとりはどこにもなくなりましたが

「こういうのもあっていいんじゃないの?」といって掲載しちゃう幅の広さ…

といってもなんでもいいってわけではなくて

なんか快楽天好みの独特の「変さ」みたいなものがあったのですが

その審美眼に叶った作家の作品であれば積極的に載せていこう

それが多少危うい作品だったとしてもとりあえず読者に問うてみよう

そういう空気が、私が描かせてもらっていた頃の快楽天にはありました。

それが20年もの長い間、読者さまから指示され

快楽天という雑誌をここまで押し進め、支えてきた原動力になっている、と私は思っています。

快楽天よ、当たり前の雑誌ではなく

いつまでも「変さ」を忘れないアダルト漫画雑誌であれ!

20周年、本当におめでとうございます。 
2014/10/20 04:35|独り言

素晴らしいジプシー・デンジャー。 

10月1日

アクションフィギュアなどの玩具は主に樹脂性。

熱々(あつあつ)の樹脂をフィギュアの型(かた)に流し込んで造形するんですが、製造工程の中でその金属製の型を作るのが一番お金がかかるんだそうです。

なので、その型を何回も何回も回さないと…

ぶっちゃけフィギュアが売れないと元がとれない。

形が同じなのにブラックバージョンだのゴールドバージョンだのクリアバージョンだのと

何度も何度も仕様を変えて同じフィギュアを玩具会社が出し続けたりするのはそのためらしいすね。

型は玩具会社にとって財産なので、会社が倒産すると型は差し押さえられて(別の玩具会社に)売却されたりします。

で、別会社からその型を使用した、まんまだけど名前が違ったり、首だけすげ替えたフィギュアが出たりするのは玩具業界ではよくあることですが…

それは置いといて。

『パシフィック・リム』のアクションフィギュアを発売しているネカ社も、型の使いまわしがハンパないことで有名な会社。

最初にジプシー・デンジャーを発売した3ヶ月後にはもう、




塗装を変更したダメージバージョンを発売するしたたかさ。




夏に発売された3体の怪獣のフィギュア…
ナイフヘッド・ダメージバージョン、



アックスヘッド、



スカナーも




恵比寿のモンスタージャパン(アメリカントイの専門ショップの老舗)の店頭に並べてあったのを見たら、3体とも体が一緒で

「これぞまさしくネカ商法である!」と膝を打ちました。

「ええ加減にせぇ!」って意味でね。

でも商人としての抜け目なさには感心しちゃう。

実際、映画でも、カイジュウの体はデータ共有していて

今年の正月に洋泉社のムックでパシリムカイジュウ図解のイラストを描いたときもナイフヘッドとアックスヘッドとブレードヘッドの体が全部一緒だったので、内部図解するのにどうやって違いをつけようかと四苦八苦したんですが…

パシリムカイジュウは「クローン」という設定なんで、ボディが一緒でも設定上間違いじゃないんですね。

なんか「量産型」ザクみたいね。

「クローン」とか「量産型」って玩具会社には優しい設定ね。
まあ、それはいいとして。

「スカナーとか出す前に(オオタチとか)他に出すもんがあるやろ!」と、全世界のパシリムファンがぶちギレしそうになり

その怒りの炎に油を注ぐが如く、ナイフヘッドのクリーンバージョン(夏に出たやつのノーダメージバージョン)



とアックスヘッドのナイトバージョン(夏に出たやつを影色に再塗装したもの)


の発売がアナウンスされて

もうネカのパシリムシリーズを買うのはやめようと、いよいよファンの心が離れかかったところでオオタチカイジュウのフィギュア発売がアナウンスされて…





離れかかったファンの気持ちをぐっと引き戻す…そのタイミングがネカって会社はホントに絶妙なんですね。

だけど、オオタチの製品見本の写真を見ると、尻尾が固そうにピーンと真っすぐになっていてね





ベンダブル(針金)可動で曲がったりとかしなさそうだし…どうしようかな。現物見てからにしたいが売り切れたら…と思うと、やっぱり予約しといたほうがいいかな?とか…

そんなに迷うなら買わなきゃいいんですがね。


それはそうと

また市販のコスプレ衣装を見ていたら

チェルノ・アルファに続いて、ありました…ジプシー・デンジャーのコスチューム。




やっぱり子供用しかないので、私は着れませんが。

ギレルモ・デル・トロ監督も、子供の時ウルトラマンが大好きで

業務用の空き缶を、近所のトタン屋で目をくり抜いてもらって

マスクみたいにかぶってなりきり遊びしてたらしいですね…

空き缶のふちで顔切って血まみれになりながら。

いい話ですね。

このジプシー・デンジャーのコスチュームは、そういう安全基準は満たしてると思うので、大丈夫とは思います。

私が子供だったら、これ着て銭湯でごっこ遊びしたいね。
やったら従業員さんに怒られそうだけど。

アマゾン 
2014/10/01 18:05|独り言

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.