総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

となりの波会長。 

2月5日

今日は朝早くから、ずっとうちの上空をヘリコプターが飛び回っていて大変やかましい。

こんなにひっきりなしにヘリが飛び回っている時は、だいたい早稲田大学に国際的VIPが来校してる時。
思えばかつてクリントン大統領やアキノ大統領、中国の温 家宝(おん かほう)首相が大隈講堂にやって来た時も、早稲田上空をヘリが飛び回っていた。

じゃあ今日は何事か?と思ってテレビをつけて見ていたら、なんとうちの近所が中継で映ってる。
ここは…そうだ、小学校の同級生だったMくんの実家のすごい近く。

L&G巨額詐欺事件の重要容疑者、“円天マネー”の波 和二(なみ かずつぎ)会長の自宅マンションがあったらしい。

こんな近所にいたんだ…。

20090205093634

昔、やはり近所のマンションにオウム真理教のアジトがあったことがニュースで流れてから初めてわかり、冷や汗をかいたことがあるが、都会という場所は本当に隣に誰が住んでいるんだかわからない。

それはどういうことかといえば…いつも利用している牛丼屋や本屋の、隣にいる客が…もしかしたらカルト宗教の信者や詐欺師かもしれないということなのだ。

あるいは、その人と同じレンタルビデオ屋で同じアダルトソフトを借りている可能性だってゼロとはいえない。

まるで、「ミラーマン」の第2話や「ウルトラセブン」の第10話を地でいくような世界だ。
隣人が実はキティファイヤーやイカルス星人で、いつ正体を現すかわからない。
まったく物騒なハナシだ。
迷惑なことこの上ないが…しかし、それを未然に食い止める方法もないしなぁ。

何でも疑い始めたらキリがないんだけど…まぁ、いつどこで何が起きるかわからない、いろんな意味で危険と隣合わせだってことだけは忘れちゃいけないということですかな?  
2009/02/05 09:36|独り言TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/105-1d21fe62

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。