総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

特撮ロケ地悲話。 

5月14日

私が講師を勤めている八王子の某専門学校の校舎。

20090514100728

特撮ファンのヒトなら、ひと目見ただけで「アレ?この建物はどこかで見覚えが…」と思うことだろう。

特徴的な半ドーナツ型の、SF感覚溢れるデザインの本部棟は、ある時は“ゴジラ対策本部Gフォース基地”として、ある時は“特急指令ソルブレインの基地”として、数々の特撮作品に登場してきた。

だから7年前、この校舎に初めて足を踏み入れた時には、私も興奮して胸がときめいた。

この校舎…特に東映の特撮作品では頻繁に登場している。

古くは劇場作品「人造人間ハカイダー」の“天使の街”として、件の「特急指令ソルブレイン」の“ソルブレイン基地”、平成仮面ライダーシリーズに至っては劇場版「龍騎」の“晴明院大学”や「555(ファイズ)」の“スネークオルフェノクの兄ちゃんが通っている音楽学校”など、毎年のように怪人たちの襲撃を受けていた。

そこへ通っている人間にしてみると、年代順に見ていくと敷地内の校舎の数が徐々に増えていっているのが如実にわかって、映像記録として実に面白い。

東映作品で登場したのは多分「カブト」の仮面ライダーザビーが初登場した回が最後だったと思う…。

そう。ここ数年、この校舎が映像に登場することはめっきり少なくなった。

一体なぜ…?

実は、数年前「電エース」のロケで使わせてもらおうと思い事務局に相談に行った時聞いてわかったのだが、使用料がムチャクチャ高かった。

昔はそうでもなかったらしい。
学校ができたばかりの頃は、宣伝のため…ということもあって安価で協力していたのかもしれない。

しかし、(東映作品ではないらしいが)ロケに貸すことで施設をずいぶん傷つけられたりしたのだとか…。

校舎の壁に使われているイタリア製のレンガを割られたり、特注品の街頭ランプを折られたりして、かなりの修理費がかかったそうだ。
それで、万が一の場合の保証金として使用料を大幅に値上げしたのだとか…。

そんなことがあったのでは、まぁ学校側が映画のロケに対して警戒するようになるのも無理はない。

特撮番組で、あれだけ頻繁に登場していた自分の学校が、もう映像で見られないかと思うとちょっと寂しいけど…。

あたり前のことだが、ロケ地での撮影には管理者の許可がいる。

逆にいうと、映像に映っている場所は撮影が許可された場所なのだ。

許可が出やすい場所というところもある。

例えば、「仮面ライダー電王」の第1話で主人公の良太郎がライダーパスを拾う場所は、講談社別館の入り口…番組のタイアップ企業の建物敷地内だったりする。

そういう場所は当然ながら、番組内でたびたび登場することになる。

だから「なんだよ、またおんなじ所でロケしてやがんのか」とか言ってはいけない。

「仮面ライダーV3」のオープニングのタイトルバックのような大爆発を、その辺の造成地でフツーにやっていた時代とはワケが違う。

いまやったらテロリストと思われて捕まってしまうだろう。

特撮は作りずらくなった…というか、いろんな意味で昔と違ってやりずらくなっているのは確か。

多分、これからもっと…。  
2009/05/14 10:07|独り言TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/139-f33484df

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。