総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

近所の特撮ロケ地~箱根山(1) 

6月12日

先月、「ウチの学校が最近特撮番組に出て来ないから寂しい」とか書いてたら、新番組の実写版「ふたつのスピカ」に、主人公が通う学校として登場するみたいなのでちょっと嬉しい。

20090612173625

まぁ、見た目にインパクトがあるし、屋上には科特隊本部チックなバカでかいパラボラアンテナもついてるし、こんないかにもSFってカンジの建物…他にないからねぇ。

最近テレビに出て来なくなった特撮ロケ地といえば、ウチのすぐ近所にもひとつ…。

新宿戸山公園の中にある“箱根山”。

戸山公園はもともとは尾張徳川家の下屋敷があった場所。
屋敷の中には箱根の山々を模したという人口造山があり、その時作られた地形がそのまま現在通称“箱根山”と呼ばれて残っている。

屋敷の跡地は、戦前は日本帝国陸軍の駐屯地として使われていた。

私の生家に近いそこは、1970年代、小学生時代の私のメインの遊び場のひとつだったのだが、その頃にはさすがに戦争を感じさせる痕跡はもうほとんどなくなっていた。
が、それでも当時の駐屯地を偲ばせる遺構のいくつかは残っていた。

そしてそこは、ある時期…特に東映特撮番組では非常に頻繁に使用されたロケ地だった。

東映特撮ヒーローの新番組が始まる時…70年代、そのヒーローのマスコミへの御披露目となる最初の撮影会は、新宿西口公園で行われることが多かった。

新宿西口の淀橋浄水場の跡地を利用して建設が始まった高層ビル群(当時はまだ“副都心”と呼ばれていた)…といってもまだ京王プラザホテルくらいしかなかったが、高層建造物といえば東京タワーか霞ヶ関ビルくらいしかなかった時代、完成したばかりの新宿副都心は近未来の東京をリアルにイメージさせる最新スポットだった。

その“新宿の高層ビルをバックにポーズをとる(真新しい)ヒーローの姿”は、70年代に少年だった特撮マニアにとってはお馴染みのアイコンなのだが、当時の制作サイドの事情から想像してみると、「せっかく新ヒーローのスーツを運んで大泉から新宿まで来たんだから、ついでにちょっとその辺で本編の撮影もしていくか 」という気分があったのでないだろうか?

そういう時、新宿に近い戸山の“箱根山”はまさにうってつけ…手頃な“その辺”の撮影スポットなのだった。

明治通りに近いがちょっと奥まったところにある箱根山は、車で来るのに便利な割にはあまり交通量が多くなく、したがって頻繁に警察車両が通ることもないので大きなロケ車を長時間停めていてもあまり怒られない。

周囲が戸山ハイツという団地に囲まれているため、適度に外から見えにくいため大量のギャラリーに撮影を邪魔される心配も少ない。

その上、人口造山とはいえ箱根山の標高は当時都内23区内で一番高かったらしい。
頂上には駐屯地時代に築かれたコンクリートの足場くらいしかなく、いわゆる市民の憩いの場としては閑散としているのだが、だからこそ山頂にヒーローを立たせれば、周りに日常を感じさせる邪魔な背景が一切写り込まずバッチリ決まった青空バックの“ヌケ”の絵を簡単に撮影することができた。

そうした好条件に恵まれていた(?)箱根山は、おかげで東映特撮ヒーロー番組にロケ地として度々登場した。

代表的なところでは「仮面ライダーV3」の第1話…1号2号ダブルライダー対カメバズーカ戦の舞台が箱根山山頂だった。

全都民を道づれにしようとするカメバズーカの核自爆テロを阻止するために、ダブルライダーはライダージャンプで怪人と共に海に飛び出し、自らの身を犠牲にして藻屑と消える。

第1話の実に感動的なラストシーン…なのだが、ロケ地をよく知っていた私は「箱根山(新宿)からジャンプで海に出るなんて、なんぼライダーでもそらぁ無理やろ!」とテレビ画面にツッコミを入れる夢のないヤなガキだった。

20090612173628

写真は現在の箱根山山頂。
十年ほど木製の屋根が設置されていたのだが現在は撤去され、このような“ヌケ”の絵が撮ることができる。
時期的に草が密生していて、地形がイマイチわかりずらい写真になってしまってゴメンナサイ。

20090612173630

山頂そのものはすっかり整備されてしまって、70年代から残っているものはいまでは標高を示す標識しかない。

見える景色もすっかり様変わりした。
木々の間から垣間見える新宿の風景は、なんだかダメなB級SF映画の合成画面みたい。

20090612173632

(続く)  
2009/06/12 17:36|見聞録TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/159-4cb3cc22

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。