総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

コミケ終了。 

8月17日

コミケ…終わりました。ご来店頂いたファンの皆様、もうただただ感謝感謝です。

朝、会場へ行く途中、この夏話題になっている“等身大お台場ガンダム様”に一目お参りしてからいこうかと思い、嫁さんに車を走らせてもらったのですが、道路からではそのお姿をまったく見ることができませんでした。ウーン…残念。後でコミケ会場で伊藤伸平先生にお聞きしたところ、潮風公園内でももっと海に近いところに立っていらっしゃるそうで。参拝者も200万人を突破したとか。海外からの巡礼者も多数いらっしゃるとか?…スッゴいですね。やはり“コミケついでに ”などという軽い気持ちで行ってはいけませんね。あらためて参拝に伺えれば…と思っています。

今夏のコミケは、詳しくは知らないのですが最終日の来場者がいつもより少なかったらしく?覚悟していた暑さもそれほど苦にならず(といっても昼過ぎ人が混み始めるとやはりそれなりに暑かったのですが)おかげさまで病み上がりの体でもぶっ倒れることなく最後までやりぬくことができました。

と言っても…本当のこというと私はずっと売り子していたわけではなく、午後1時半に東館の自ブースから西館の知り合いサークルのところへ挨拶まわりに出かけてしまい、そのまま閉会間際まで自ブースに帰らな…いや、帰れなかったんですが…その間、私の身代わりに店番をしてくださっていた編集T氏のおかげさまさまなのでありますが…Tさん、ホントごめんなさい。お疲れ様でした。

実は私、同人誌版「番長」で現在のようなイベント参加を始めてから今年でちょうど十年目…その間、コミケで東館から西館へ行ったことなど一度としてなく、今回が初めての西館行脚体験だったのですが…いやあ、やっぱり思っていた通り西館遠かったです。

その上、西館を出たら一回会場の外に出てからじゃないと再入場できない…なんてことになってるなんて全然知らなくて…なかなかスムーズに自ブースに戻れなかったんですもの。

自ブースに戻った時には、Tさんもさすがにぶ然としており…ああ、ホント申し訳ありません。許して下さい、Tさん…。

それにしても、コミケのお客さんってあの広い会場の中をお目当てのサークルを探して東へ西へ…1日中ものすごい距離を歩いてらっしゃるわけじゃないですか。ものすごい過酷なオリエンテーリングですよね。それこそすごい体力というか執念というか…それでお目当てのサークルにようやくたどり着いた時、新刊が出てなかったら…そりゃあもう、超ガッカリですよね。

今回発行した「番長」の新刊…色々あって丸2年振りの新刊だったのですが…ずっと追いかけてくださっているファンの人たちを裏切ってはいけないなと、身を持って実感いたしました。反省しております。

実際、今回の新刊を買いに来てくださったお客さまから「ああ!新刊出てる…待っっってたんですよう~っ」という本当に熱いメッセージを…多数頂戴いたしました。本当にありがとうございます。本当にね…漫画っていうのは描いている作者一人のものじゃなく、読者の手に届いた時に初めて完成するものなのだということが身に沁みてわかりましたよ。

私の隣のブースは、漫画界大先輩の新田真子(しんだまね)先生のサークルだったのですが、会場直後新田先生は販売開始を30分遅らせてまでまだコピー本をホチキスで綴じてらっしゃいました。「あれ、今回は新刊はないんですか?」と私が聞くと…「いや、あるよ三冊。」と新田先生。

「新刊あるんだったらわざわざコピー本作らなくてもいいんじゃないんですか?」と再び私が聞くと(愚問)…「いや、新刊の入稿するでしょ?そしたらイベント当日までに時間が空くじやない?その間にもう一冊作れるなぁと思って…」と新田先生。

…すごい。

私が同人誌活動に手を染める以前からの新田先生とは知り合いなのですが、このヒトの半端ないバイタリティにはただただ脱帽するばかりで、とてもじやないけれど真似することなんてできません。

真似できませんが、見習わないといけない…。意地でも(そして一冊でも多く)新刊を出そうというその意気込みを…ねぇ。

…というハナシをイベント後、葛西にある当HP管理人が賄っているお好み焼き屋での打ち上げの席で話たら…

「アンタ、そのエネルギーを商業誌でつかいなはれ(怒)!」

と、嫁さんとT氏の両方に怒られました。
そりゃあね…もう

わかってますよぅ!でも商業誌用と同人誌活動用…体は二つないんでね。ウーン、両立さしてるヒトってどうやってやりくりしてるんだろう…。私の場合は…


ヒジョ~~にキビシィ~~っ!!!  
2009/08/18 22:10|独り言TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/183-06afd7e3

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。