総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ヤマト復活篇…観ました? 

12月15日
以前の日記でイスカンダルがあるのが「アンドロメダ星雲」とかいい加減なことを書いてしまいましたが、正しくは「大マゼラン星雲」でしたね。
先日深夜にテレビでやっていた劇場版『ヤマト』を観ていて思い出しました。
どうもすみません。

それはそうと、いよいよ公開が始まりましたな『宇宙戦艦ヤマト復活篇』。
今日新宿の大黒やに立ち寄ったら、前売り券完売ですよ!みんな『ヤマト』好きなんですね。

まぁ、最初のテレビシリーズのとき小学6年生だった私がいま42歳ですから、きっとお子様連れで観に行くお父さんもいらっしゃることでしょう…でも、いいのかな?子供に見せちゃって?
だってよりにもよって、わざわざ日本軍の真珠湾攻撃(12月8日)があった週の週末に公開しなくてもいいんじゃない?と思うのはわたしの考え過ぎでしょうか?わざとかしら?…だとしたらすごいね。
いや、わざとなんじゃないか?と思わせるような、ある意味で非常に政治的なメッセージ色の強いストーリーなんで。

なんといいますか…さすが原案・石原“狂った果実”慎太郎都知事?やる気マンマン?みたいな?それは私の深読みし過ぎ?…だったらいいんですが。
まぁ、たかがアニメ映画一本くらいのことでいちいちアメリカさんも文句言ってきたりはしないとは思いますが。
現大統領のオバマさんも、わざわざノーベル平和賞の授与式で戦争を肯定するような発言をするような人だし…“正直者”という意味では石原都知事とどっこいというところはあるかしら…?

それは置いといて、『復活篇』ですよ。
まさしく『ヤマト』としか言いようのない素晴らしい映画ではあります。
オープニングの「無限に広がる大宇宙…」というナレーションで、ヤマトファンの私はまずハートをぐっと掴まれました。
その後の「20世紀末にホーキング博士によって提唱されたブラックホールを構成する暗黒物質は…云々」と言ってるそばから「しかし人類は知らなかった…そのブラックホールに“意志”があるということを…!!」という…せっかく科学的っぽいSF(サイエンスファンタジー)の匂いをさせたのに、一瞬にしてそのSの部分の匂いだけをズバッと脱臭してしまう豪快さに椅子からずり落ちそうになってしまいました。

しかし、その豪快さこそがまさしく『ヤマト』的と言えるんです。
けなしてるんじゃなくて褒めてるんですよ。
ああ、書きたい。
もっと『ヤマト』のこと書いていいですか?  
2009/12/16 04:39|見聞録TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/223-747d44af

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。