総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

アバター楽しみ。 

12月23日
ジェームズ・キャメロン監督の最新作『アバター』が今日から公開ですね。
ちょっと、今日は仕事があって無理そうだけど、できるだけ早く観に行きたいと思っています。

できれば3D、I-MAXで。

ジェームズ・キャメロン監督は私が最も尊敬する映画監督の一人で、公開された作品は(『殺人魚フライングキラー』も含めて)もちろん全部観させて頂いております。

キャメロン監督(の作品)は、一言で言うと「いつも全力で、命がけでバットを振っている」感じがして…その男らしさが魅力です。
その結果、『タイタニック』や『ターミネーター2』のようなメガヒットも飛ばしますし、『アビス』のように超空振りすることもあります。(いや、私個人的には『アビス』も好きですが)

そこがいい!

直接お会いしたことはないのでわかりませんが、漫画でいうと『ドカベン』の岩鬼(いわき)のようなキャラ…いや、どちらかといえば梶原一騎(かじわら いっき)先生のキャラに近い方なんじゃないでしょうか?
一試合完全燃焼(おっと、これは梶原先生じゃなく『アストロ球団』の中島先生ですが)、例えこの試合(映画)で命を落とすことになろうと死ぬ時は前のめりに…男たるものコトに挑むからには全力を持って当たるべし、全力を出し切れば例え失敗したとしても後悔することなし…という、そういうスポ根イズムというか、熱血なものを根底に感じます。
実に潔くて素敵です。

雑誌テレビブロスのインタビューで、今回の映画についてキャメロン監督はこう答えられていました…

「映画の舞台となる惑星パンドラは、科学者や生物学者、民族学者、言語学者らに協力して貰って、惑星の環境からそこにいる生物の生態系、原住民の生活までを、これなら実際に存在していてもおかしくないというくらいのレベルまで、すべて一から創り上げていったんだ」

「『タイタニック』の時もそうだった。観客にこれが本物のタイタニックであることを信じてもらうために、本物の図面を手に入れてセットを作り、実際にタイタニックの調度品を作っていた会社に頼んで当時の製品を再現して貰った。そうでなければ“リベットカウンター”(本物そっくりかどうかリベットの数まで数えるような超級マニア)には納得して貰えない。」

「なぜ、そこまでやる必要があるんですか?」というインタビューアーの質問に対し、キャメロン監督は…
「僕がそう(リベットカウンター)だから」
と、おっしゃっていました。

やっぱり、キャメロン監督最高ですわ。
本当に久しぶりの監督復帰作品なんで、実は大丈夫なのかとちょっと心配していたんですが全然変わっていません。
キャメロンイズム健在です。

それにしても制作費550億円ですって?一本の映画の興行収益で回収できる金額じゃないですよね。
でも、失敗しないように恐る恐る「そこそこの出来」の映画を作るなんてことは、俺にはできん!!!と、自ら退路を断って挑んでいる感じ…監督の本気がビシビシ伝わってきます。

そうでなくても、人気漫画の映画化や過去のヒット作のリメイクなど、志の低い映画が横行するハリウッドで、オリジナルで勝負しようという…それだけでもう立派です。
そんなわけで『アバター』…たとえ「観たら超空振りの方だった」としても!私は応援します。  
2009/12/23 06:43|独り言TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/227-4232e42d

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。