総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

水木一郎アニキライブ。 

1月11日
渋谷O-EAST(しぶや オーイースト)で行われた水木一郎(みずき いちろう)アニキの新春ライブ『みんなアニキが好きだった』に行ってきました。

私、実はこうしたアニソンのライブって初体験だったんですが、今回のライブはファン投票によるリクエスト大会ということで、普段のライブではまずやらないような隠れた名曲をいっぱいやってくれたようです。

オープニング曲よりエンディング曲、挿入歌優先ということですね。
私も「まさかこれをやるか!?」と思いながら聞いた曲が何曲もありました。
『BD7』のED「少年探偵団のうた」とか『ムーの白鯨』の挿入歌「勇者の剣を手に」なんて、ライブで聞く機会なんてまずないでしょう。

名曲です。本当に楽しかった。

なべやかん氏が主催しているトークイベント「T-1グランプリ」で昨年共演させていただいた折、私の熱い思いをアニキに聞いて頂いたんですが、仕事で危なかった時、私は何度もアニキの歌声に励まされました。
アニキのファンには、きっと私と同じようにアニキの歌声から勇気を貰ったファンがいっぱいいることでしょう。

私も徹夜続きで頭が朦朧となりながら、あと3時間でまだ真っ白な原稿を4枚描かなければならなかった時、水木一郎アニキの歌声から立ち向かう勇気を与えていただきました。
本当に感謝しています。

私がアニキ、アニキと水木一郎さんのことをやたら親しげに呼ぶのは、水木さんの声質がまさに「アニキの声」だからです。
「実の兄に声が似てる」とか、そういうんじゃありません。

これはあくまで私個人の印象によるものですが、子門真人(しもん まさと)さんの声は私にとっては神の声…天から降ってくる声に聞こえるんですね。

それに対して水木さんの声は、地面にドカッと足が着いているというか…もちろん水木さんはプロの歌手なので優れた歌唱力の持ち主ではあるのですが、どこか技術で歌っているわけではないというか…身近な感じがするんですね。

一緒に歌っていても怒られない…というか、一緒に歌いたくなるのが水木一郎(さん)の歌声だと、私は感じています。

実際CD聴きながらよく一緒に歌ってるし…。
さすがはもと『お母さんといっしょ』の歌のお兄さん…というか、やっぱり「アニキ」ですよね。

1262473022-100102_040257.jpg

写真はライブ終了後の打ち上げの様子。
あんまりうまく撮影できませんでしたが。

1262473022-100102_040257.jpg

で、カメラに向かってポーズをとる水木さん。
元気ですね。
4時間ライブした後の人と思えません。

私もへとへとになるより、帰り道なんだか元気になったような気になりました。
聴いて健康になるライブっていいですね。  
2010/01/12 23:19|見聞録TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/233-911569b9

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。