総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ビッグフット。 

4月27日

白夜書房刊「月刊パチスロ必勝ガイドNEO」で連載中の、未確認生物(UMA)研究家・天野ミチヒロ(あまの - )氏のコラム『UMAウルトラ大図鑑』。

2年前から漫画家の海老原優(えびはら ゆう)氏と順番で私もイラストを担当させて頂いています。

今月号は私の番で、カナディアンロッキー山脈のUMA「ビッグフット」を描いたのですが…。



なんだろう。
何がいけないのかしら?

なんだかわからないのですが、なんかエッチな感じがする…。

天野氏の方から「知的なカンジが欲しい」とリクエストされて、そのつもりでゴリラのような類人猿…それでいてもっと人間に近い、だけど明らかに人間ではない…そんなラインを狙ってみたつもりだったんですが…。

大体毛むくじゃらの生物ってけっこう描くのが難しいんですよ。
ペンタッチで表現するのがね。

目撃談をもとに描かれたというイラストをもとに描いてみたんですが、もっと毛をクシャクシャモジャモジャさせて荒々しいカンジを出した方がよかったかしら?

私の描いたビッグフットさんは、なんか毛が綺麗に刈り込まれていて、非常にお手入れが行き届いているダンディーなさわやかな感じになっちゃってて…。
それでいて、乳首やお臍が見えていて、いかにも裸丸出しな…。
どことなく銭湯の脱衣所で裸でウロウロしている毛深い人みたいな…。

なんか、やらしい。

どうしたらよかったんだろう。

わからない。


 
2010/04/27 02:16|独り言TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/268-b283ac51

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。