総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

最新作は『三四郎』です。 

7月3日

先に徳間の『月刊ハイパーホビー』の方で情報が掲載されてしまいましたが…。

昨年末からずっと描いていた描き下ろし単行本が、いよいよ本(文庫)になって来月店頭に並びます。

夏目漱石(なつめ そうせき)先生の青春文学の傑作『三四郎(さんしろう)』のコミカライズです。

7月1日にホーム社(発売元/集英社)から発売された文庫の新シリーズ『MANGA BUNGO(まんが ぶんごう)シリーズ』第2弾ラインナップの中の一本です。

『三四郎』と言っても、柔道マンガじゃありませんよ。
もちろん藤岡弘(ふじおか ひろし)さんでもありません。
私も最初勘違いしました。

『姿』でも『セガタ』でもなく『夏目漱石の三四郎』です。

でも、なんで私が『三四郎』?

いや、私も最初そう思って…じゃあ他に何か描きたい作品があるのか?と担当さんにいわれたので、どんな選択肢があるか、シリーズの予定ラインナップを見せてもらったんですね。

そこで私は「自分が純文学をコミカライズするなら…太宰治の『走れメロス』が描きたい」って言ったんですが。

加藤さんが『メロス』を描いたら『聖(セント)マッスル』になるからダメだ!」と言われてしまいまして。

結果としてはそれで正解だったと思うんですが。
ちょっと残念?

しかし、これも結果ですが『三四郎』の原作は意外と私との相性が良かったみたいで。
自分で言うのもナニですが、かなりいい作品に仕上がりました。

舞台が明治時代、しかも実際に存在する場所などがいろいろ登場するので、取材もかなりやりました。
これがまた異常に面白かったので、このままではもったいないからこのホームページ内に別枠を作って『三四郎日記』を書きますから、こちらも単行本と併せてご覧になって下さい。
「番長連合電脳通信内 『三四郎日記』」

原稿料はかなり安かったんですが、やっぱり漫画家は単行本出していないと認めてもらえないというところがあるので…頑張って描きました。

10年ぶりに出る単行本…ある意味現役復帰作ともいえる作品が、この作品で良かったな…といまはしみじみ思っています。
と言っても、文庫の表紙は私の絵じゃなくて、こんな感じの夏目漱石先生のイラストだったりするわけですが。



少々わかりにくいかもしれませんが、8月10日発売になりますので、皆様どうかよろしくお願いいたします。  
2010/07/04 01:15|お仕事TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/284-5af60330

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。