総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

実相寺監督のお墓参り。 

8月28日

本日『魔笛』は音楽稽古のため、衣装関係のチェックなど私の仕事はナシ。

なので、巣鴨の染井霊園へ実相寺昭雄(じっそうじ あきお)監督のお墓参りに行ってきました。

監督、来るのが遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

お盆開けということもあるのでしょうか?お墓の周囲は掃除が行き届いている感じでちょっと草むしりとかしただけで充分綺麗になりました。

墓前にまた新しいフィギュアさんたちが追加で供えられていましたね。
お墓参りに来たファンの人たちがお供えしていったのでしょうか?

昨年、監督の命日にお墓参りに来た時には、帰マンとヒッポリト星人という実相寺監督とは微妙に関係のないフィギュアがお供えされていたのですが…
今回はちゃんとシルバー仮面(等身大)、初代マン、メトロン星人という監督と関係のあるフィギュアが追加されていたので、「ああ、ちゃんとわかっている人たちがお参りに来たんだなぁ」という感じです。

なぜかポケモンのピカチュウもいましたが、監督はカワイイ変な生き物が好きだったので、まぁいいんじゃないでしょうか?

霊園の入口にある花屋さんで買ってきた仏花がひまわりの入った鮮やかな色の花束だったので、なんだか私が『魔笛』の衣装に使った色にちょっと似ていて、お供えしながらちょっとぐっときました。

監督の名前に恥じないよう、素敵な舞台にしたいと思います。

実相寺監督もどうか草場の陰から「ナメの構図で」見守っていてください。


 
2010/08/28 23:34|独り言TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/316-dc058eea

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。