総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

早稲田松竹の思い出。 

9月20日

早稲田松竹の話が出たついでに、私がよく通っていた映画館の話を少し。

実家が蕎麦屋だったので、日曜が休日じゃないんで私は子供の時、映画とかしょっちゅう連れていってもらえなかったわけですよ。

それで公開時に見逃した映画もいっぱいあって、そのブランクを穴埋めするために後に映画館…というか名画座通いの日々を送ることになるんですが。
その話はいったん置いておいて。

中学生の頃、うちの脇っちょに映画館が看板かけさせてくれってやって来て。
看板かけさせてあげると、お金じゃなくて映画館のチケット(招待券)が毎月貰えたんですね。

その頃になるとある程度私の行動範囲も広がっていたので、新宿の映画館くらいなら一人でもいけるようになっていましたから、もうタダ券で映画行きまくりました。


ただし、その看板かけていた映画館が問題で。

最終的には4館の映画館の看板がうちの脇っちょにかけられていたのですが、その4館というのが…

歌舞伎町の新宿アカデミー、新宿グランドオデオン、新宿東映の地下にあった新宿東映パラス(現在の新宿バルト9)、そして飯田橋にあった名画座の佳作座。

いまはもう、全部なくなりましたが。


知っているひとはわかると思いますが、アカデミーとグランドオデオンでかかる映画って、同じ東宝洋画系でも東宝東和の作品が主で。

『サスペリア』とか『グレートハンティング』とか『世界が燃え尽きる日』とかもっと後になって『宇宙の七人』とか…低予算の変な映画とかばっかり観ました。

東映パラスだと『ジャンク』とか『アトランティス七つの海底都市』とか…やっぱり変な映画ばっかり観てました。

ロクなもん観てませんね。

なんか中学生が観るには情操教育上オススメできない作品ばっかりで…でもよかったんです、その頃私は映画さえ観られるなら中身はなんでも。
学校の勉強キライだったし。

で、飯田橋の佳作座ですが、ここもけっこう昔の映画の特集上映をやってくれて。
ブルースリー特集とかシンドバッド特集とか、ゴッドファーザーの二本立てとか。

佳作座では、小さなころにテレビで観た映画を字幕全長版でおさらいという感じで…。
現在上映中の作品と過去の名作という感じで、ちょうどいい具合にバランスをとってくれていたのが名画座という存在だったような気がします。

早稲田松竹に行きはじめたのは高校生になってからでしたね。

早稲田松竹はいわゆる二番館として、ロードショー後の映画をかける一方、なぜか定期的に過去の名作をかけていて。

早稲田の大学生はみんな早稲田松竹で『第三の男』と『市民ケーン』の二本立て、そして『博士の異常な愛情』の洗礼を受けていたんですね。
早稲田の大学生じゃありませんが私もそうでしたし。

ここは単館系とか、いわゆるアート系の映画もよくかけるので、ちょっぴり大人っぽいというか。

私にとっては人生に重大な影響を及ぼす映画を、この劇場でけっこう観てますね。

高校生のころ、もう辛くて学校を辞めようかと迷っていた時に観た『バーディー』と『ミッドナイトエクスプレス』の二本立てはいまでも忘れることができません。

この二本が心の支えになって、高校生活を最後までやり抜くことができたんです。

皆さんにもそういう映画とか、大切な映画館ってきっとあるでしょう?  
2010/09/20 02:45|独り言TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/330-4f7e2ee8

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。