総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

今更アリエッティ。 

10月28日

まだ上映していたのかとおっしゃる方もいらっしゃることと思いますが、やっと見て来ました『借りぐらしのアリエッティ』。

新宿バルト9で朝9時10分からの回。
お客は私も含めて4人。

内二人はどうもお仕事帰り?と思われるキャバ嬢風のお姉さん二人連れ。

フィルムのコンディションはさすがに公開から3ヶ月以上経っているせいで傷がついていたりベストとは言えませんでしたが、音響も含めてやっぱり映画は劇場で見ないとね。

新宿松竹で『テクノポリス21C』観るわけじゃあるまいし、こんな朝っぱらアニメかいと自分自身思わなくもなかったのですが、もうその回しかやってなかったので仕方なかったんです。

なんにせよせっかく買った前売り券が無駄にならなくてよかったです。


で、映画ですが…

アリエッティが可愛かったです。

日本に住んでいる小人なのにどうして名前が外国人風なの?とか、そんなささいな問題は気になりませんでした。

その可愛いアリエッティを「君達は滅びゆく種族なんだよ」とか、心ない言葉で傷つけて泣かせた翔くんは、ホント可愛くねぇ。

子供でも、たとえ心臓に重い疾患を抱え不安から周囲にあたりたい気持ちがあったとしても、あんなちっちゃくて可愛いアリエッティを泣かせちゃダメでしょが!

あとお手伝いおばさんのハルさんも、軒下の小人を見つけて即座にネズミ駆除屋を呼ぶところとか、本当に嫌な意地悪バアサンみたいに見えてしまったので、その当たりキャラクターの彫り込み方とか演出の配慮でもう少しなんとかなったんじゃないのかなぁ?と思ったのが私の正直な感想でした。

さすがに監督がアニメーター出身だけあって、キャラクターの演技とか細かい動きの演出とかは本当に素晴らしかったのですが…

脚本は読んでいないので本当のところどうなのかはわからないのですが、なんだか脚本通りに作ってしまった、設計図通りに組み立てたプラモでも見たような印象もあって…

でも、アリエッティが可愛かったからいいや。

いや、しかし、あの軒下に住んでいるゴキやカマドウマはもっと見た目リアルな造形にした方が、より一層アリエッティの可愛さが対照的に際立ったのでは?

ディズニーアニメ『鉛の兵隊』に出てくる地下水道に巣くっているゴキの大群が、ヒゲの動きとか本当リアルで気持ち悪くて、その分人形たちのかわいい造形が対照的に際立ってよかった…という例もあったし…。

とか、良かったのは良かったのですが、なんかちょっとモヤモヤした気持ちにもなりつつ、見終わった私がふと後ろの座席を振り返ると…

キャバ嬢のお姉さん二人が感動して泣いてるわ!

ええ…素直に感動できなかった私は…もしかしてものすごいひねくれ者?

ああ、ああ…。

どうもすみません。  
2010/10/30 00:22|見聞録TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/345-5c8b49cd

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.