総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

帝国ホテル120年の最高。 

2月23日

コミック『帝国ホテル・120年の最高』(集英社刊)という本が明後日、2月25日(金)に発売されます。

去年の秋頃…ハワイ旅行やオペラ『魔笛』の公演と前後してやっていた仕事…ですね。
懐かしいです。

私はメカと女の子を描くのが大の苦手なので、この本の仕事ではそういうのが一切出てきませんでしたから(主役は「帝国ホテル」なので)ある意味気軽に、楽しんで描くことが出来ました。

ただ、しかし

明治~大正時代の建物なので現存しておらず、資料も少なくて、その上ディテール(細部の装飾など)が大変こまかくて…その点では難儀しましたが

特に天才建築家フランク・ロイド・ライトが設計した帝国ホテル(通称:ライト館)は、本当に常軌を逸した装飾が要所要所に施されていて…

それでもって、私が漫画家のくせに絵を省略するのが下手ときているものですから、そのディテールを異常な執念で描き込んでしまって

結果、中には1ページ5日もかかってしまったページもあったりして…

楽しかったけれど、大変な仕事でもありました。

そんな思い出深い『帝国ホテル…』の献本が、ひと足はやく私の手元に届けられ…こんな感じの表紙カバーです。



原作(シナリオ)は横溝邦彦(よこみぞ くにひこ)先生、作画は私のほか、根本哲也(ねもと てつや)先生、山下京子(やました きょうこ)先生が担当…という共著です。

全5章のうち、第1章「世紀の大ホテル誕生」と第2章「ライト館の煌めき」が私の担当です。

今年開業120周年を迎えた帝国ホテル誕生の舞台裏、そして大正時代の名建築と言われるライト館がいかにして作られたかが、漫画でわかりやすく描かれています。

ライト館といえば
私はライト館(の一部)を実際に見たことがありまして

2年前の11月、『三四郎』の取材で博物館明治村を訪れた際…そこに移築保存されている帝国ホテルライト館(の玄関周りのみですが)を見学することができました。

その時は、まさかその後それを自分が描くことになろうとは夢にも思っていなかったのですが…

それが去年の夏、「帝国ホテルを描いてみないか?」という仕事を頂いて

担当さんは私が明治村へ行ったことなど知らかったのに…です

こんな仕事が来るとは…世の中本当に何がどう転ぶか?わからないものだなというか

何か運命的とも言える
実に不思議な縁を感じました。

と同時に

こんなふうに、いつ何時どんな仕事を頼まれるかわからないんだから

日頃からどんなものでも興味を持ってしっかり観察しておかないといけないなぁ…と

歴史漫画家として、身が引き締まるような気持ちになりました。

だいたいにおいて
私は人を褒めたたえるのが得意なんです。

先人たちが残した偉業を、それがいかにすごいことであったのか?
調べて見て、尊敬の念を持ってそれを描くことは、好きでもあり、自分のことのようにどこか誇り高くもあり、飽きません。

ライト館も、幸運にも実物を見ることができたこともあり、1コマ1コマ想いを込めて描きました。

その想いが強すぎて、いつもより描き込みがきつくなってしまいましたが

今回の本は印刷の紙(特に本文に使用されている紙)が、普通の漫画単行本の紙なんかより格段に高級なので(その分ちょっとお値段もお高いのですが…)

その異常な描き込みが細部までバッチリ再現されていて

お値段に見合った内容になっている…と自負しております。

ですから、どうか皆さんも是非

実際に本屋さんで手にとって、その高級な手触りを楽しんでみてくださいませ。

ひとつよろしくお願いいたします。  
2011/02/23 12:06|お仕事TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/377-400e2247

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。