総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

電エース新作撮影快調続報。 

9月18日

『電エース』って毎回、電一(でん はじめ)か電次朗(でん じろう)の惚れたはれたばなしが、なぜか毎回あって

なんだか寅さんシリーズみたいなので「ヒロイン」とは呼ばずあえて「マドンナ」と呼びますが

今回の電エースのマドンナは、なんと牧野美千子(まきの みちこ)さん。



牧野さんといえば

『超電子バイオマン』のピンクファイブ、桂木ひかるを演じた美少女。

その牧野さんと
私が競演?

ひぃーっ、緊張するぅぅ。

『バイオマン』見てた当時、18歳だった私の憧れの人ですからね。

私、美しい方を見ると緊張してアタフタしてしまうんですが

写真ではニコニコ笑ってますけれど、内心かなりアタフタしています。


で今回、私が演じる電次朗は

牧野さん演じる築地の老舗(しにせ)佃煮屋(つくだにや)の美人女将(びじんおかみ)美千子さんに惚れて

弟の電五郎(でん ごろう)も美千子さんに惚れて

兄弟でひとりの女を奪い合う骨肉の争いを繰り広げる…という、そういうストーリーなんですが

なんか、ほとんど「そのまんま」じゃあないですか!

こういうのを「メタフィクション」っていうんですね。

実際に牧野美千子さんは、築地にある老舗佃煮屋「諏訪商店(すわしょうてん)」の女将さん。

文字通り「美人女将」。



こちらが、牧野さんのお店「諏訪商店」。



こちらは「諏訪商店」さんのビニール袋。

私も牧野さんに包んでいただいた佃煮を、帰ってお茶漬けにしていただきましたが

もう最高。

今度は普通に、プライベートで買いに行こうと思います。

皆さんも築地にお越しのさいは「諏訪商店」の佃煮をお土産にどうぞ。  
2011/09/18 17:23|独り言TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/406-49406d11

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.