総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

足つった。 

10月23日

今日、新作『電エース』のアフレコ作業で

電一(でん はじめ)の弟、電次朗(でん じろう)の声の吹き込みをしてきたんですが、いやぁ、慣れないことでホントに難しかったです。

アニメだと口パクとかタイミングである程度は合わせられるかなぁとも思うんですが

実写だと唇の形がはっきりわかるものだから、ちょっとでも撮影時と台詞が違おうものなら、そらぁもうすごい違和感ではっきりわかってしまうくらいなわけです。

洋画とか韓ドラとかの吹き替えやってる声優さんとかホントにすげぇんだなぁとかね

なんかいまさらながら、すごい感心しました。

それでなんとかやりおおせて、いっぺんに緊張感が解けたせいなのかどうなのかはわかりませんが

今朝、目が覚めて布団の中で体を伸ばしたら

足つってしまって。

ピキーンってね

まぶたの裏側にアニメの透化光みたいな光が見えたっすよ。

アニメの『北斗の拳』で秘抗を突かれた悪党の身体になんか雷みたいな処理がバチバチって、一瞬電撃が走るじゃないですか

あんな感じ。 

寝てて首を寝違えることはたまにあるのですが、足つったってのは初めてで

というか、実は足をつったこと自体が生まれて初めてで。

よく足つって海とかプールとかで溺れるって描写が漫画とかアニメとかであるじゃないですか。

私、いままで実感が湧かなかったんですけれど、こんな痛いもんだったとは。

なんかふくらはぎの中に鉄の棒が入ってるみたいな。

このまま一生歩けなくなったらどうしようかと、一瞬ものすごい不安になりました。

ああ、怖かった。  
2011/10/23 16:29|独り言TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://soubancho.blog36.fc2.com/tb.php/417-261defcf

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。