総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

震災から一年目(後編)。 

6月28日

これは去年の春、撮影した神田川の桜・・・



こっちは今年、全く同じ場所で神田川の桜を撮影したものです・・・



多少天候の違いなどはあるものの、どちらも実に見事な桜でしょ?

「震災から一年目」と題して

3月に前編、中編を書いてから、後編を書かずにずっとほったらかしにしていたのですが

管理人から「ちゃんと完結せなアカンやろ」と怒られてしまいまして・・・

私としては「別に完結させなくても・・・だってホラ、まだなにも終わったわけじゃないし」という思いがあり

だから「後編(完結編)」はなくてもいいんじゃないの?・・・とさえ思っていたのですが・・・反省しました。

まあこの辺で一旦気持ちの整理というか

去年の今頃はどんなことを考え、何をしていたのかとか

忘れないうちにちょっと記録しておこうと思います。


去年の夏といえば

川崎市民ミュージアムで開催された実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)監督回顧展に資料協力したり、電エースの撮影があったりして、外から見たら表面的にはけっこう楽しく忙しそうに走り回ってるように見えたかもしれません。

しかし内心はまったく逆で、不安と焦りでかなり疲れて落ち込んでいました。

その落ち込みは、スランプとか鬱(うつ)とかとはまたちょっと違うタイプのものなのですが・・・

その頃、テレビをつけても雑誌を読んでも、どっちをむいても「復興」とか「絆」とか「いま私たちにできること・・・」とか

そういう立派なキーワードが「合言葉」のように世の中にいっぱい渦巻いていました。

端的に言うと私はその渦に呑まれてしまったのです。

「いま私にできること・・・」は何なのか?と、私も真剣に考えました。

でも真剣に考えれば考えるほど、できることの無さ・・・「無力感」に苛まれました。

私が漫画を描いて「人のためにできること・・・」って何だろう?

実はほとんど何もないじゃないか・・・と。

例えば、それが売れっ子の漫画家先生だったら寄附をしたり、被災地へ行ってチャリティサイン会をやったりして、被災地の人たちを助けたり励ましたりすることもできるでしょう。

しかし私は「そういう漫画家」ではない。

少なくともあの時点で、ほかの人を支援できるような余力は私にはありませんでした。

震災のために予定されていた仕事が立て続けに仕切り直し(という名の「キャンセル」)となり

講師をしている専門学校も授業日数が大幅に短縮になって

想定外の収入減で、私自身が助けてもらいたい・・・というか、どうにかしなければならないという状態だったんです。

だから一生懸命机に向かって漫画を描こうとしました。

そんな、気持ちに余裕のない状態でいい漫画なんか描けるわけがないんですが、ほかに手だてもなかったし・・・

案の定、そう簡単にスムーズにはできませんでした。

描き始めると、やっぱりどうしても震災とか原発とか・・・その被害に遭われた人たちのことを考えてしまう。

それを避けては通れません。

だって、被災された人たちが私の漫画を読むかもしれないから。

できることならそういう人たちを私の漫画で励ましたい

そういうことができたらいいなと思いました。

でもそういうメッセージを漫画の中に盛り込もうとすればするほど・・・なんだかまどろっこしい、お説教くさい・・・

どこか「重たい」漫画になってしまいました。

だから描いては直し、また描いては直しを繰り返し・・・そんな状態が半年くらい続いて・・・そこからなかなか抜け出せず、本当に悩みに悩み抜きました。

それでも「自分にしかできないこと」が私には見つかりませんでした。

そんな感じで、もうさすがにくたびれ果ててしまった頃、試しにその、お説教くさい部分を全部取っ払ってみたらどうなるんだろうと思って・・・その方向で再構成してみたら

すごく整理されてスッキリした、読みやすい漫画になったんですね。

愕然としました。

私はものすごい大事なこと・・・漫画というものの本質を忘れていたのです。

それは「漫画は気晴らしに読むもの」だということ。

「みんな立派なことをしているんだから自分も人のためになるようなものを描かなければ」という妙な使命感に縛られて、何か重要なメッセージを作品に込めよう込めようとし過ぎました。

その結果私の漫画は「気軽に読めない」ものになってしまっていたのです。

物語の面白さよりもテーマが先に来てしまっている・・・そんな感じでした。

でも、悩みに悩み抜いたその半年間は無駄な時間ではありませんでした。

その後描いた『はやぶさ・・・』のコミカライズが、ゼロの状態から100日で脱稿まで持っていけたのは、描いている最中「悩まなかったから」です。

いちいち悩みながら描いていたら、きっと間に合わなかったでしょう。

昨年は、春に友人の漫画家はぬま・あん氏が、夏に中学時代の後輩が病気で相次いで天に旅立ちました。

自分と年齢の近い知り合いが亡くなるのはかなりショックでした。

神田川の桜を見ながら「自分はあと何回くらいこの桜を見ることができるのかなぁ?」と考えました。

子供の頃から住んでいて見慣れた風景を見て、そんな気持ちになったのは初めてのことでした。

これから歳を重ねるにつれてますます「ああ、今年もこの桜が見られてよかったのぉ」とか、感じるようになっていくんでしょうかね?

もちろん、これからの日本のことを思うと、桜の花のように綺麗事ではすまない・・・それくらいのことは百も承知しています。

福島第一が再爆発したり

富士山が噴火したりして

放射能や火山灰が降り注ぎ都市機能が麻痺して全都民避難・・・なんてことにでもなったら

神田川の桜はもう見られない・・・というか、お花見どころではなくなるでしょう。

(ああ・・・そうなったら多分漫画家も失業だな・・・)

そんなことは「絶対ない」とは言い切れません。

だって「絶対安全」「絶対ない」と言われてきた国内原発事故が実際に起きたんだから。

それでも

何が起こったとしても

命ある限りは生きていかなければなりません。

たとえ噴火や原発の二次災害が起きなかったとしても

売ることも棄てることもリサイクルすることも自力ではできない原子燃料と核のゴミを、これから何万年も抱えて、日本人はそれと同居していかなきゃならないんです。

それでも生きていかなければなりません。

私は神田川の桜を見て、去年やその前の年と同じように「変わらず」咲き続けている姿に安堵を覚えました。

それを取り巻く世界の環境は大きく変わってしまいましたが、そんな変化の中で「変わらず」にいることが見る者を安堵させることもあるんだ、ということを知りました。

私の漫画も、どこかで知らない誰かの心を癒しているのでしょうか?

私の漫画がひと時でも、ホッと誰かの気晴らしになってくれていたら、こんな素晴らしいことはありません。

最後に

皆さんご存知のとおり、桜は落葉樹なので秋から冬にかけて葉を落とし、枝ぶりが丸裸になります。

神田川の桜並木も全部葉が落ちて殺伐とした風景になります。

お花見シーズンには大量の花見客でごった返す新江戸川公園も冬場は閑散としています。

大多数の人は、桜といえばお花見という感じで、花が咲いた時の桜をイメージすることでしょう。

しかし、一年の間で桜が花をつけている時間などごく僅かに過ぎません。

その後新緑の季節を迎え、秋には紅葉して、桜は一年中私たちの目を楽しませてくれます。

まあ落ち葉を掃除したりするのは大変ですけど・・・

冬場の桜はそういう「イベント」が全部終わってしまって、華やかさこそないんですが

冬の寒さにジッと耐えながら、次のシーズンを始めるための準備を着々と進めている・・・

そんな凛とした緊張感があります。

私は花が咲いた桜も好きですが、冬の桜が一番好きです。

(終わり)  
2012/06/29 00:52|東日本大震災CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。