総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

是在廟即世尊。 

4月6日

仕事疲れで2日くらい寝ていましたが

どうしてもこれだけは見ておきたかったので行ってきました

上野国立博物館で開催中の『飛騨の円空展』。



円空仏(えんくうぶつ・円空さんが彫った仏像)は

ひと目見ただけですぐにそれとわかる強烈な個性(オリジナリティ)を持ったワイルドでダイナミックな造形が魅力。

子供のころテレビCMで、いちぢく浣腸のコマーシャルになぜか円空仏が登場していたので

私は円空仏というとすぐ、いちぢく浣腸を連想してしまうのですが…

それは置いておいて

実相寺(じっそうじ)監督が演出され、私が衣装デザインを担当させていただいたモーツァルトのオペラ『魔笛』の、2010年再演時の宣伝イラストの中でも円空仏風の列柱を描いかせていただきました。



元の材木の形にそれほど手を加えているわけでもないのに「仏像」にしか見えない「見立ての美」。

円空さんは山篭もりの修業をしている最中、滝に打たれている時

「是在廟即世尊(ここにびょうあり、すなわちせそん)」

という山の神様の声を聞いたそうです。

「ここに廟(仏様の住まい)あり、すなわち世尊(仏様のこと)」

万物すべてのものに仏は宿り、仏はどこにでもいます…という意味でしょうか。

自然の中、いたるところに神様を見つけることができる…日本人の素晴らしさがよく伝わる言葉だと思います。

『円空展』、明日の日曜日が最終日です。  
2013/04/06 15:05|見聞録

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。