総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

名曲喫茶らんぶる。 

10月30日

高田馬場にある老舗の名曲喫茶『らんぶる』が、ついに取り壊しになるみたい。

「ついに」というのは

『らんぶる』は喫茶店といっても、20年くらい前から鍵はかかっていないみたいなんだけどドアの隙間から見える店内は真っ暗…みたいな

入店するのにかなり勇気がいる、営業してるんだかしてないんだかわからないような状態が続いていて

で、ここ数年は本当に営業していなくて

外壁にかかっていた店名のネオンサインもすっかり取れてしまい(もしかしたら地震で落ちてしまったのかもしれません)

まるっきり廃墟…しかもかなりボロボロ、このままほっとくのはいかにも危険、という痛ましい姿を道行く人たちにさらしていたからです。






検索して調べてみたら、『らんぶる』という名前の名曲喫茶は高田馬場以外にも数軒あったようで(でも名前が同じなだけで、特に関連があるわけではないみたい)

そういえば東新宿のシアターモリエールの近くにも『らんぶる』という名曲喫茶がありますね。

こちらは現在も営業中です。

高田馬場『らんぶる』は、つげ義春(つげ・よしはる)先生の貸本漫画の中にも登場し

つげ先生が高田馬場在住だった時、よく通われていたみたい…。

60年くらい前ですね。

私が子供の頃からあった店だったんですが

取り壊しは…まあ、仕方ないのかな。
ホントにボロボロになってたし。

逆に東日本大震災とかあったのに、崩れずにいままでよく建ってたとも言えるのですが。

でも…

そうか、この一画も変わっちゃうんだ

『らんぶる』の、通りを挟んだ向かいにあった甘味屋『高野』も閉店してしまったし

見覚えのある町がだんだん見知らぬ町になっていくなあ…という

一抹の寂しさを感じます。  
2013/10/30 15:52|独り言

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。