総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

大ゴジラ博(その2)。 

8月19日

『大ゴジラ博』といえば

展示品の中に「ガイガンの腹部カッター」がありました。

庵野秀明(あんの・ひであき)監督の『特撮博物館』でも、ゴッドマンのマスクと一緒に飾られていて

それと同一のものだと思うのですが

特撮博物館では暗くてよく見えなかったんですが、今回は明るい展示ケースの中に入れられていたので、じっくり観察することができました。

撮影禁止だったので、簡単にスケッチをとりました。

もしかしたら、いつか描くことになるかもしれないので。



といっても具体的な予定があるわけではないんですが。

昔、特撮エースという雑誌で『幻の怪獣テラインコグニータを探せ』という漫画を連載していて

その漫画の中に「ガイガンのカッターが現存している」という話が出てきたのですね。

ところが、締め切りまでにその「現存しているガイガンのカッター」の写真が間に合わなくて

やむなく別の図版に差し替えた…という苦い経験がありまして。

そのカッターが、今回ちゃんと展示されていたので、それを描くか描かないかは別にして、とりあえずメモ帳にスケッチだけはしておいたわけです。

もう一回書きますが、現在『テラインコグニータ…』が単行本化される予定は一切ありません。

でも、もし万が一やることになったら

その時のために、一応描ける体制だけは整えておいてありますので、いつでもどうぞ。

そうそうテラインコグニータといえば…

『別冊映画秘宝オール東宝怪獣大図鑑』(洋泉社MOOK)に続き



アマゾン

『東宝特撮全怪獣図鑑』という本にも(小っこい写真ですが)テラインコグニータの写真が一枚、掲載されていました。



アマゾン

読者の皆様に一応ご報告。  
2014/08/19 23:59|見聞録

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。