総番長日記

大日本番長連合電脳通信

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

最新記事 

 

カテゴリ 

 

リンク 

 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

その時歴史が動いた 

もしも・決断の瞬間編
 

その時歴史が動いた 

源平争乱・元寇編
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

はやぶさ2は「グレート」。 

12月12日

天候不順で当初の予定から延期になっちゃったりもしましたが「はやぶさ2」打ち上げ成功おめでとうございます。

今後の航海の無事とミッションの成功を心からお祈りしております。

なんといってもはやぶさ2は素晴らしい宇宙船。

まず、そのデザインが素晴らしい。

はやぶさ2


一見「アレ?前のはやぶさと同じじゃん?」と思わせておいて、よく見たらパラボラアンテナが倍に増えてます。

はやぶさ


この、見た目に「前よりもパワーアップされている感」

わかりやすさが「グレート」でたまりません。

もし広い宇宙で行方不明になっても、これならなんとかなりそうだ…という感じで実に頼もしい。

姿勢制御装置リアクション・ホイールも4つに増えたらしいですし(はやぶさでは3つ→内2つが故障で停止した)

小型探索ロボット、ミネルバも今回は3台搭載されているそうです(はやぶさでは1台)。

ミネルバは前のはやぶさの時、小惑星イトカワの表面に着陸しようとした際に岩盤に当たって宇宙に弾き飛ばされてしまい、ミッションを果たせぬまま星になってしまいました。

ちなみにミネルバの悲劇は、私の描いたコミカライズ『はやぶさ~遥かなる帰還』では描かれていません。

もとの映画の方でミネルバのエピソードがオミットされていたので、映画に準拠した形です。

一部読者さまから「実際のはやぶさのミッションやデータと食い違っている」というご指摘をいただきましたが、けっしてど忘れしていたわけではありません。

あくまで「映画のコミカライズ」だったので、コミカライズ版だけ勝手に「直す」ことはできなかったんです。すみません。

ミネルバには今度こそ、前回のミッションのリベンジを果たしてもらいたいですね。  
2014/12/12 09:52|独り言

自画像 

加藤 礼次朗

Author:加藤 礼次朗
1966年3月8日生まれ。
職業:漫画家。

1986年描き下ろし単行本
『まんが音楽家ストーリー ベートーベン』でデビュー。

映像界では、イラストや友情エキストラ(出演)、2007年にはオペラ「魔笛」の衣装デザインを手がけるなど漫画界以外でも幅広い活動をしている。

 

コミック版『はやぶさ 遙かなる帰還』 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

夏目漱石の「三四郎」 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

ホーム社(発売元/集英社)より絶賛発売中

まんが音楽家ストーリー3 

ベートーベン
 

まんが音楽家ストーリー8 

バイエル
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 大日本番長連合電脳通信 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。